エリブログ!

マンガやアニメ、ゲームと遊戯王のことを公開しています。遊戯王のデッキレシピ解説してます٩( 'ω' )و

【遊戯王】スターターデッキ2016を3個使ってデッキ作ってみた!

※2017.03.25 更新

スターターデッキ2017はこちらの記事で紹介してます!

www.eria-yugioh.xyz

  

※記事を更新しています。新しい記事は、こちらになってます。さらに、詳しく解説してます!

www.eria-yugioh.xyz

 

3月19日、遊戯王2016スターターデッキ発売です!

 

スターターデッキも3個合体のデッキを作ってみます。

 

今回かなり厳しいです!

 

スターターデッキであってストラクチャーデッキじゃぁないですからね!大会で勝つよりも遊戯王のルールやプレイを勉強するセットなので、強さは求められてないです(笑)

 

遊矢のカード、EMを中心に収録しているデッキです。再録のカードが豪華。初心者だったら、入手しておきたいカードが多数収録されています。

 

例えば、以下のカードです。

 

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

エキセントリック・デーモン

サイクロン

ライトニング・ボルテックス

月の書

サンダー・ブレイク

威嚇する咆哮

魔宮の賄賂

 

構築するデッキによって使用する・しないはありますが、汎用性が高く、よく使われるカードを再録しています。

 

では、デッキの紹介になります。

 

このデッキは、超強いコンボで勝つことよりも、初心者にもわかりやすく、モンスターを召喚して、攻撃力を上昇させて勝つデッキになってます。

 

モンスターを並べる=ペンデュラム召喚のルールを覚えやすく作ってあります。

 

f:id:paychan:20161031105021j:plain

 

 

デッキレシピ

<モンスター 29枚>

EMインコーラス 3枚

EMキングベアー 3枚

EMスライハンド・マジシャン 2枚

EMセカンドンキー 3枚

EMドッタンバッタ 1枚

EMトラミング・コング 1枚

EMブランコブラ 1枚

EMモモンカーペット 3枚

EMロングフォーン・ブル 3枚

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン 3枚

エキセントリック・デーモン 3枚

ドラゴンダウザー 3枚

 

<魔法 7枚>

EMドラマチックシアター 3枚

サイクロン 3枚

ライトニング・ボルテックス 1枚

 

<罠 4枚>

威嚇する咆哮 3枚

EMピンチヘルパー 1枚

 

解説

以下、1枚ずつ説明してます。

 

EMインコーラス

Pモンスター以外のEMをリクルート。

EMスライハンド・マジシャン、EMセカンドンキー、EMロングフォーン・ブルの3種類をリクルートするのがオススメです。

序盤は、EMセカンドンキー、EMロングフォーン・ブルで手札補充を行い、終盤ではPゾーンに置いておく。

 

EMキングベアー

f:id:paychan:20160722192633j:image

このデッキ二番目のアタッカー。

序盤は、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン再利用、中盤から戦闘に使用。

 

EMスライハンド・マジシャン

すぐに出せるアタッカー。

自身の効果で、1ターン目から召喚可能。破壊効果はほぼオマケ程度。

 

EMセカンドンキー

墓地肥やしとEMをサーチ。

Pモンスターもサーチできるため、いろんな状況に対応できる。

 

EMギッタンバッタ

EMをサルベージする。

サルベージよりも自己再生効果のほうが強い。ただし、受動的で発動しにくい。

 

EMトラミング・コング

攻撃力を上げるのに、使えるモンスター。

 

EMブランコブラ

スケール2が足りないため、使用。

 

EMモモンカーペット

リバース効果を持つ初のPモンスター。

EMインコーラス、ドラゴンダウザー、ペンデュラム召喚で召喚して効果発動。リバース効果だから、受動的だけど、優秀。

 

EMロングフォーン・ブル

Pモンスター以外のEMをサーチ。

少し使いにくい部分があるので、EMペンデュラム・マジシャンやEMドクロバット・ジョーカーに変更したい。

 

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

Pモンスターをサーチ。

召喚はドラマチックシアターから。

 

エキセントリック・デーモン

Pモンスターの枚数調整&除去。

 

ドラゴンダウザー

Pモンスターをリクルート。

EMキングベアー&EMモモンカーペットを特殊召喚するのが、オススメ

 

EMドラマチックシアター

EM専用フィールド魔法。

数を並べて戦うデッキのため、全体の攻撃力上昇が非常に使いやすい。

 

サイクロン

相手の伏せカードを除去。

 

ライトニング・ボルテックス

相手のモンスターを除去。

全体的に攻撃力が物足りないので、攻撃する時に使用したい。

 

威嚇する咆哮

全体を戦闘から守る。

 

EMピンチヘルパー

攻撃の無効化&EMをリクルート。

リクルートしながら戦線を維持して、モンスターを並べるのに使用する。

 

改造案

サーチの問題。

 

結論、サーチが一番したいです。サーチしながら戦えるカードとして、EMドクロバット・ジョーカーを採用しましょう。他であれば、EMペンデュラム・マジシャンもオススメです。

 

Pスケールの問題。

 

スケール2〜7しかないため、時読みの魔術師を採用しない限りオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを召喚できない。オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを軸として使用する際は、スケール8のモンスターの採用が必須になります。

 

汎用性の高い魔法、罠、エクストラデッキ。

 

汎用性の高いカードを採用するだけでもデッキの安定度は増します。メインの目的ではなく補助なので、必要なカードを入れた後に、枚数調整しながらデッキを改造するのがベスト。

 

まとめ

大会でも使用できるレベルのデッキではありませんが、デュエルの基礎を覚える良いデッキです。

 

ペンデュラム召喚やサーチ効果、リクルートなどを使いまくってデュエルしてみましょう。

f:id:paychan:20160320144840j:image

(※Vジャンプ付録のオッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンと相性が良い)