エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』ワンキルデッキレシピ&解説

※2017.07.30 更新

f:id:paychan:20161006130425j:plain

2016年10月8日は「レイジング・テンペスト」の発売日でした。

 

看板モンスター『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』が収録されています。

 

圧倒的なイラストのカッコよさに惚れました!!

f:id:paychan:20161006061455p:plain

 

今回は、アニメ終盤で登場し活躍した『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』のデッキを紹介します。

 

以前はおジャマトリオを入れたワンキルデッキでしたが、今回は召喚しやすいデッキに調節しています。

 

 

覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター

ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。

【モンスター効果】

ドラゴン族レベル7モンスター×2

レベル7がP召喚可能な場合にエクストラデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。

(1):Xモンスターを素材としてX召喚したこのカードは以下の効果を得る。

●このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊し、このカードの攻撃力はターン終了時まで、破壊したカードの数×200アップする。

(2):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。 

 

 

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 23枚>

1 EMドクロバット・ジョーカー

1 オッドアイズ・ファントム・ドラゴン

3 オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

3 貴竜の魔術師

2 慧眼の魔術師

3 黒牙の魔術師

1 賤竜の魔術師

3 降竜の魔術師

3 相克の魔術師

3 竜穴の魔術師

 

<魔法 17枚>

1 おろかな埋葬

1 死者蘇生

3 召喚師のスキル

3 スケープ・ゴート

3 テラ・フォーミング

3 天空の彩虹

1 ペンデュラム・コール

1 揺れる眼差し

1 螺旋のストライクバースト

 

<エクストラデッキ 15枚>

2 オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

1 星刻の魔術師

1 ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

1 励輝士 ヴェルズビュート

2 オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

1 覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン

2 覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

1 真紅眼の鋼炎竜

1 No.11 ビッグ・アイ

1 リンク・スパイダー

1 プロキシー・ドラゴン

1 デコード・トーカー

 

解説

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンとレベル7の魔術師モンスターを中心に使って『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』を召喚しまくるデッキです。

 

ワンキルもできます!

 

プレイング(召喚までの流れ)

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』のX召喚のために、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンとランク7のエクシーズモンスターと相克の魔術師を準備します。

 

例えば、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン2枚と降竜の魔術師、ペンデュラムゾーンに竜穴の魔術師と相克の魔術師。

 

この合計5枚のカードがあれば『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』を召喚できます。 

 

まず、オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴンを召喚して相克の魔術師でレベル7に変えます。

 

もう1体はドラゴン族・レベル7のモンスター(オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンかオッドアイズ・ファントム・ドラゴン、降竜の魔術師)を使います。

 

最後に、『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』を召喚します。

 

ワンキルができる!

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』の効果で相手フィールドのカードを5枚破壊できればワンキルできます。

 

足りない場合は、他の「魔術師」を召喚して残りのライフを削ります。効果で1枚でも破壊できれば、黒牙の魔術師やEMドクロバット・ジョーカーを付け足してワンキルできます。

 

「オッドアイズ」のサーチに

天空の虹彩(テラ・フォーミングも)

螺旋のストライクバースト

 

天空の虹彩は毎ターンサーチできるので、「オッドアイズ」を2枚サーチすれば『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』の召喚がしやすくなります。

 

螺旋のストライクバーストはデッキだけでなくエクストラデッキからも手札に加えられるので、P召喚のサポートにも使えます。

 

さらに、サーチの必要がなくなってから除去カードとして使えるメリットもあります。

 

「魔術師」のサーチに

慧眼の魔術師

おろかな埋葬

召喚師のスキル

ペンデュラム・コール

揺れる眼差し

 

これだけサーチカードが入ってるとほとんど事故らないです。「魔術師」の安定性強いです。

 

おろかな埋葬が強いです。落とすのは、貴竜の魔術師、降竜の魔術師、相克の魔術師です。

 

貴竜の魔術師は、オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴンのシンクロ召喚に使います。

 

他の2体の魔術師は、黒牙の魔術師の効果で特殊召喚します。黒牙の魔術師の効果で破壊時に墓地の魔法使い族・闇属性モンスターを特殊召喚できます。エクシーズ召喚のサポートですね。

 

スケープ・ゴート

戦闘を代わりに受けてくれる&リンクモンスターのリンク召喚に使います。

 

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』の召喚まで生き残らないといけないので、1枚で何回か守れるカードが必要と思って入れました。

 

さらに、デコード・トーカーをリンク召喚します。リンク・スパイダーとプロキシー・ドラゴンを挟めばリンク召喚できます。

 

デコード・トーカーはリンクマーカーが自分フィールドに2つ向いてて使いやすいです。現状のリンクモンスターの中で一番おすすめです(2017.05)。

 

オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴンやオッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン、ペンデュラム召喚することが多いので使っています。

 

エクストラデッキのモンスターを複数体展開することは少ないですが、あると便利です(1マスだけで『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』の召喚はできます)。

 

『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』だけで勝てるので、使用回数は低めです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンとランク7のエクシーズモンスターを使って、『覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン』を簡単にエクシーズ召喚できるデッキでした。

 

「アニメっぽさを体感できるし、強いし、安いし」の3テンポ揃ったデッキです。ぜひ試してみてはどうでしょうか。