エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

【遊戯王】「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」3個合体デッキレシピ&解説

更新 2017.07.30

f:id:paychan:20170617163236j:plain

2017年6月17日「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」が発売しました。

 

新しい種族「サイバース族」がテーマの構築済みデッキです。サイバース族モンスターに関連する効果を持つ新規カードも収録されています。

 

今回は「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」を3個合体して作ったデッキを紹介します。

 

 

開封

ストラクチャーデッキRのシリーズとは違い、ケースはプラスチックでした。

 

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンが収録されてた「ストラクチャーデッキ マスター・オブ・ペンデュラム」と同じです。

 

開封すると、構築済みデッキとデュエルフィールドが入っている箱になってます。

f:id:paychan:20170617164400j:plain

 

箱の裏面とデュエルフィールド。今回は3種類のリンクモンスターのイラストになってました。

f:id:paychan:20170617164404j:plain

  

デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 25枚>

2 ドットスケーパー

3 クラインアント

3 バックリンカー

3 バランサーロード

3 ROMクライディア

3 ブート・スタッガード

2 デュアル・アセンブルム

3 輝白竜 ワイバースター

3 暗黒竜コラプサーペント

 

<魔法 10枚>

3 サイバネット・バックドア

1 ソウル・チャージ

3 封印の黄金櫃

3 精神操作

 

<罠 5枚>

2 リコーデッド・アライブ

3 神風のバリア ーエア・フォースー

 

<エクストラデッキ 9枚>

3 エンコード・トーカー

3 トライゲート・ウィザード

3 バイナル・ソーサレス

 

解説

エンコード・トーカー、トライゲート・ウィザード、バイナル・ソーサレスで相互リンクして戦うデッキです。

 

使いかた

最初に、エンコード・トーカーのリンク召喚を目指します。

 

リンクマーカーの位置的に、Exモンスターゾーンにエンコード・トーカーを。トライゲート・ウィザードはエンコード・トーカーの下のメインモンスターゾーンに。バイナル・ソーサレスはトライゲート・ウィザードの右に。

 

このフィールドを作れると強いです。

トライゲート・ウィザードの毎ターン、フィールドのカードを除外する効果とバイナル・ソーサレスのライフを回復する効果が使えます。

 

攻撃力の低さは、エンコード・トーカーの効果でアップできるのも優秀です。

 

主にリンク素材に使うのは、次のカードです。

  • ドットスケーパー
  • バランサーロード
  • ブート・スタッガード
  • 輝白竜 ワイバースター
  • 暗黒竜コラプサーペント
  • ソウル・チャージ
  • 封印の黄金櫃
  • 精神操作

ドットスケーパー

墓地に送られた場合か除外された場合に、フィールドに特殊召喚できます。

 

バランサーロードの効果から続けて召喚して、バイナル・ソーサレスをリンク召喚すれば、墓地から自己再生します。そして、そのままリンク3のリンク召喚ができます。

 

除外された場合の効果は、封印の黄金櫃で除外して特殊召喚します。他にモンスターがあれば、すぐにリンク召喚できるので便利です。

 

ただし、どちらの効果もデュエル中に1度しか使えないので、間違えないように注意しましょう。

 

バランサーロード

サイバース族の召喚権を増やせるので、リンク召喚と相性が良いです。

 

また、除外された場合に、手札のレベル4以下のモンスターを特殊召喚できる効果もあります。この効果は、封印の黄金櫃と暗黒竜コラプサーペントで除外して発動します。

 

ブート・スタッガード

レベル5のモンスターですが、サイバース族モンスターが召喚された時に手札から特殊召喚できます。すぐにリンク召喚できます。

 

相手に戦闘ダメージを与えるとトークンを出せるので、リンク3のリンク召喚も狙えます。

 

ただし、トライゲート・ウィザードとバイナル・ソーサレスはトークンをリンク素材に使えないので注意しましょう。

 

輝白竜 ワイバースター、暗黒竜コラプサーペント

フィールドから墓地へ送られると、もう片方をサーチできます。

リンク素材に使っても発動するので、リンク2召喚→サーチ→リンク3召喚→サーチ→リンク4召喚という流れができます。

 

ただし、サイバース族限定のリンク素材には使えないので注意しましょう。

 

精神操作

相手モンスターを奪える魔法カード。通常召喚できるモンスターとこのカードがあればすぐにリンク召喚できます。

 

相手モンスターの除去にも使えますし、相手のリンクモンスターを奪えばリンク3やリンク4のリンク召喚ができることもあります。

 

他のカード解説

クラインアント

自分のターンのみ、サイバース族モンスターの攻撃力をアップするモンスターです。ブート・スタッガードと相性が良いです。

 

攻撃力がアップすればトークンを特殊召喚しやすくなるので、そのままリンク3のリンク召喚もしやすいです。

 

バックリンカー

リンク素材に使うよりも相手のExモンスターゾーンのモンスターをデッキに戻す効果が強いです。

 

サイバネット・バックドアで自分のExモンスターゾーンのモンスターを除外しておけば、相手モンスターだけ除去できるコンボが強いです。

 

ROMクライディア

墓地からサイバース族モンスターを回収できて、デッキからサイバース族モンスターを特殊召喚できます。そして、攻撃力1800と高い優秀なモンスター。

 

このストラクチャーデッキ以外のサイバース族モンスターと相性が抜群です。ドラコネットやサイバース・ガジェット、バックアップ・セレクタリーと使いたいですね。

 

デュアル・アセンブルム

除外の効果を使うために入れてますが、手札・フィールドから2体除外して特殊召喚するのは少し重たいです。しかも、効果で特殊召喚した時は攻撃力半分なので、2つ目の効果も使いにくいです。

 

使うならサイバネット・バックドアとコンボで使います。

サイバネット・バックドアで除外すれば、攻撃力2800に戻って直接攻撃できます。

 

サイバネット・バックドア

速攻魔法なのが優秀です。

 

破壊されそうになったモンスターを除外して守ったり、バランサーロードの効果を発動したりできます。

 

一番重要なポイントは、リンクモンスターをExモンスターゾーンからメインモンスターゾーンに移動できるところ。

 

リコーデッド・アライブ

1枚でリンクモンスターを出せるのは強いです。

 

今のところ、デコード・トーカーかエンコード・トーカーのみなので、今後「コード・トーカー」と名のついたリンクモンスターが増えるのに期待してます。

 

まとめ

「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」を3個合体したデッキでした。リンクモンスターが召喚しやすいデッキです。

 

個人的には、スターターデッキ2017もあると、より強いサイバース族デッキが作れると思います。

 

リンクスレイヤーやデコード・トーカーなどは欲しいところ。死者蘇生などの使い易いカードも入れると、リンク召喚しやすくなります。

 

 

他にも改造するなら、サイバース族モンスターと相性が良いです。中でも相性が良いのが「サイバース・ガジェット」です。

 

効果でトークンを出せますし、1枚でリンク3のリンクモンスターを出せます。

 

 

今回のリンクモンスター以外にも他のリンクモンスターを入れると強化できます。リンク3のリンクモンスターが出しやすいので、リンク4のリンクモンスターも出しやすいです。

 

相互リンクがこのデッキでは大事なので、ファイアウォール・ドラゴンがあると便利です。Exモンスターゾーン、メインモンスターゾーンのどちらに出しても相互リンクできる優秀なモンスター。