読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水霊使いエリアの遊戯王ブログ

遊戯王の情報やデッキ紹介を公開しています。主に遊戯王のデッキレシピ解説してます٩( 'ω' )و

【遊戯王ヴレインズ】スターターデッキを強化しよう!「サイバース族」デッキレシピ&解説

f:id:paychan:20170415074236j:plain

2017年4月15日、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」が発売しました。アニメ「遊戯王ヴレインズ」のカードを多数収録しています。

 

今回はその中からスターターデッキで登場したサイバース族に注目してみました。「遊戯王ヴレインズ」の主人公:藤木遊作が使うカードになります。たぶん。

 

スターターデッキで登場したサイバース族が強かったですね。詳しくはこちらから。

www.eria-yugioh.xyz

 

今回は、サイバース族を追加して改造したスターターデッキの紹介になります。デッキのほとんどのモンスターがサイバース族です。

 

ピックアップカード

新しく登場したサイバース族から強いカードをピックアップして紹介。

 

バックアップ・セクレタリー

効果モンスター 星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

 

自分フィールドにサイバース族モンスターがいる時に手札から特殊召喚できます。ハニーボットをすぐにリンク召喚できます。

 

ドラコネットとこのカードがあれば、1ターン目から確実にデコード・トーカーをリンク召喚できます。

 

面白いところでは、RAMクラウダーの効果発動のリリースに使えます。

 

墓地にハニーボットがあれば、デコード・トーカーを。デコード・トーカーか電影の騎士ガイアセイバーがあれば、ファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚できます。

 

スタック・リバイバー

効果モンスター

星2/闇属性/サイバース族/攻 100/守 600

このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

(1):このカードを素材としてリンク召喚した場合、このカード以外の自分の墓地の、そのリンク召喚の素材としたレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

リンク召喚の素材に使った時に、素材とした他のレベル4以下のサイバース族モンスターを特殊召喚できます。

 

この効果を使って、LINK-3のリンクモンスターを簡単にリンク召喚できます。

 

まず、バックアップ・セクレタリーとこのカードでハニーボットをリンク召喚します。その後、このカードの効果でバックアップ・セクレタリーを特殊召喚します。LINK-2のハニーボットとバックアップ・セクレタリーでLINK-3デコード・トーカーをリンク召喚します。

 

ランチャー・コマンダー

効果モンスター

星4/地属性/サイバース族/攻1700/守1200

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

 

サイバース族のステータスアップとサイバース族モンスターを1体リリースして相手モンスターを破壊できます。

 

デコード・トーカーのリンク先に召喚すれば、デコード・トーカーの攻撃力が3100になります。

 

サイバース族モンスターは、相手モンスターを破壊する効果を持っているモンスターが少ないです。戦闘で破壊できないモンスターを破壊しましょう。

 

サルベージェント・ドライバー

効果モンスター

星6/光属性/サイバース族/攻2200/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが相手によって破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

(2):手札から魔法カード1枚を捨て、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

 

サイバース族モンスターが相手に破壊された時に、手札か墓地から特殊召喚できます。さらに、手札の魔法カードを捨てて、墓地のサイバース族モンスターを特殊召喚できます。

 

1つ目の効果のおかげで、除外されない限り何度でも特殊召喚できます。なので、入れる時は1枚で大丈夫です。

 

リンクモンスターを破壊されても次のリンク召喚の準備ができますし、墓地から特殊召喚したサイバース族モンスターは直接攻撃ができないだけで相手モンスターに攻撃できますし、効果も発動できます。

 

リンクモンスターを特殊召喚してリンク先のメインモンスターゾーンを増やすこともできますし、スタック・リバイバーと同じようにリンクの高いモンスターのリンク召喚にも繋げられます。

 

デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 24枚>

3 バックアップ・セクレタリー

1 スタック・リバイバー

1 ランチャー・コマンダー

1 サルベージェント・ドライバー

3 レスキューフェレット

2 ビットロン

1 黒き森のウィッチ

3 サイバース・ガジェット

3 ドラコネット

3 RAMクラウダー

3 リンクスレイヤー 

 

<魔法 12枚>

1 おろかな埋葬

3 サイバネット・ユニバース

1 死者蘇生

3 スケープ・ゴート

3 テラ・フォーミング

1 貪欲な壺

 

<罠 4枚>

1 絶縁の落とし穴

3 リビングデッドの呼び声

 

<エクストラデッキ 15枚>

2 ファイアウォール・ドラゴン

1 トポロジック・ボマー・ドラゴン

1 電影の騎士ガイアセイバー

1 ミセス・レディエント

2 プロキシー・ドラゴン

3 デコード・トーカー

3 ハニーボット

2 リンク・スパイダー

 

解説

サイバース族モンスターの展開力を活かしてリンクモンスターを並べて戦うデッキです。

 

プレイング

スターターデッキでは、リンクスレイヤーとドラコネットを中心に使ったリンク召喚をしていました。

 

このデッキでは、サイバース・ガジェット、バックアップ・セクレタリーと他サイバース族モンスターを追加してリンク召喚しやすくしました。LINK-3のリンクモンスターもリンク召喚しやすいです。

 

レスキューフェレット

レスキューフェレットから特殊召喚できるところが強いです。

 

リンクモンスターを中心に戦うデッキのため、ほぼいつでもレスキューフェレットの効果が発動できます。さらに、合計レベル6までのモンスターを選びやすいところも特徴です。

 

1枚ずつしか入れていないスタック・リバイバー、サルベージェント・ドライバーを特殊召喚します。

 

スタック・リバイバーは、レベル4のサイバース族モンスターと特殊召喚すれば、ハニーボットを経由してLINK-3のリンクモンスターに繋げられます。

 

サルベージェント・ドライバーは、リンク召喚の素材に使って一度墓地に落としておきます。そうすれば、リンクモンスターが破壊されるたびに墓地から特殊召喚できます。

 

合計レベル6を選べない時は、サイバネット・ユニバースや貪欲な壺で特殊召喚したいセットをデッキに戻しておきましょう。

 

サイバース・ガジェット 

サイバース・ガジェットが強いです。このカード1枚からLINK-4のファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚できます。

 

まだ効果を使っていないスタック・リバイバーと一緒にリンク素材に使えば、ハニーボットをリンク召喚しながらサイバース・ガジェットの効果でトークンを特殊召喚し、スタック・リバイバーの効果でサイバース・ガジェットを特殊召喚できます。

 

あとは、上記の3体のモンスターを素材にファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚します。強いです、この流れ強すぎます。 

 

おろかな埋葬

スタック・リバイバー、サルベージェント・ドライバー、黒き森のウィッチを墓地に落とせます。

 

サイバース・ガジェットの効果で墓地から特殊召喚することもよくあるので、必要なカードを必要なタイミングで落とせるところが強いです。

 

スケープ・ゴート

このカード1枚からリンク召喚をできます。状況にあったリンクモンスターでサイバース族モンスターの効果を発動しやすくします。

 

RAMクラウダーの効果発動のリリースに使えるのもメリットです。

 

絶縁の落とし穴

リンク召喚を簡単にできるので、発動できるタイミングが多いです。ただ、自分のモンスターも破壊することがあるので注意!

 

今回はお試しで使ってみてます(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

スターターデッキと新パックで登場したサイバース族を使ったデッキでした。バックアップ・セクレタリーとスタック・リバイバー強いですね!サイバース族強すぎます!!

 

アニメで主人公が使うということもあって、これから強化されること間違いなしのデッキです。新しい種族でデッキを作りたいと思っている人におすすめです。