エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

【遊戯王】『エクスコード・トーカー』を使ったサイバース族デッキレシピをわかりやすく解説

更新 2017.10.14

f:id:paychan:20170929075819j:plain

10月14日に「EXTREME FORCE」が発売します。

 

新しいリンクモンスター「エクスコード・トーカー」が収録されます。

 

www.youtube.com

 

今回は「エクスコード・トーカー」とサイバース族のカードを使ったデッキレシピをわかりやすく紹介していきます。

 

 

「サイバース族」の使い方・回し方

 

サイバース族デッキは、下級モンスターやトークンを使ってリンクモンスターを並べて戦うデッキです。

 

リンク召喚に役立つモンスター

  • サイバース・ガジェット
  • サイバース・コンバーター
  • スタック・リバイバー
  • ドット・スケーパー
  • ドラコネット
  • バックアップ・セクレタリー
  • バランサーロード
  • リンク・インフライヤー
  • ブート・スタッガード 
  • リンクスレイヤー

 

簡単な条件をクリアして特殊召喚できるモンスターと他のモンスター or トークンを特殊召喚できるモンスターです。

 

墓地にレベル2以下のモンスターがあればリンク3のリンクモンスターを召喚できるサイバース・ガジェット

攻撃力1700と高めでサイバース族の召喚権を増やせるバランサーロード

は必須です。

 

サイバース・ガジェット

効果モンスター

星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

 

バランサーロード

効果モンスター

星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。

(2):このカードが除外された場合に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。 

 

 

リンク1→リンク2、リンク2→リンク3、リンク3→リンク4とリンクの高いモンスターを召喚しやすくなるリンク・インフライヤーもおすすめです。

 

サイバース・ガジェットで蘇生する対象にもできるので、サイバース族デッキではよく使います。

 

リンク・インフライヤー

効果モンスター

星2/風属性/サイバース族/攻 0/守1800

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

(1):このカードはフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。

 

 

エクスコード・トーカー

f:id:paychan:20170929075819j:plain

リンク・効果モンスター

リンク3/風属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:上/左/右】

サイバース族モンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した時、EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。

(2):このカードのリンク先のモンスターは、攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 

・リンク召喚時に、EXモンスターゾーンのモンスターの数だけメインモンスターゾーンを使えないようにします。

 

・リンク先のモンスターの攻撃力を500アップして、効果破壊から守ります。

 

今までの「コード・トーカー」モンスターと比較すると、サポート的な効果を持っています。

 

相手がEXモンスターゾーンを使ってない時は1マス、使ってても2マスしかメインモンスターゾーンを埋められないです。

 

なので、相手のメインモンスターゾーンを埋めたいなら、2体以上召喚するのがベストです。

 

2体目を召喚すれば、3マスか4マス埋めることができます。

 

3マス以上埋まると、シンクロ、エクシーズ、リンク召喚がしづらくなるので、相手を邪魔できます。

 

 

デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 27枚>

1 デジトロン

2 ビットロン

3 サイバース・ガジェット

3 サイバース・コンバーター

1 スタック・リバイバー

1 ドット・スケーパー

3 ドラコネット

3 バックアップ・セクレタリー

3 バランサーロード

3 リンク・インフライヤー

1 ブート・スタッガード 

1 リンクスレイヤー

1 BF-朧影のゴウフウ

1 レスキューフェレット

 

<魔法 12枚>

2 サイバネット・バックドア

1 死者蘇生

1 ソウル・チャージ

1 貪欲な壺

1 ハーピィの羽根箒

3 封印の黄金櫃

3 ワンタイム・パスコード

 

<罠 1枚>

1 リコーデッド・アライブ

 

<エクストラデッキ 15枚>

1 トポロジック・ボマー・ドラゴン

1 ファイアウォール・ドラゴン

2 エクスコード・トーカー

1 エンコード・トーカー

1 サイバース・アクセラレーター

1 デコード・トーカー

1 トライゲート・ウィザード

1 コード・トーカー

2 ハニーボット

2 プロキシー・ドラゴン

1 リンク・スパイダー

1 リンク・ディサイプル

 

解説

記事の上のほうでも紹介したように、下級モンスターやトークンを使ってリンクモンスターを並べて戦っていきます。

 

リンク3とリンク4のリンクモンスターが優秀なので、慣れてきたら自分に合ったリンクモンスターを作るといいですよ。

 

リンクモンスターをリンク召喚しやすいので、エクストラデッキのモンスターが途切れないように注意しましょう。

 

貪欲な壺でリンクモンスター5枚戻してリンクモンスターを再利用するのは、かなり大事なポイントです。

 

制限カードなどどのデッキでも強いカード以外は、リンク召喚に役立つサポートカードを採用しています。

 

・サイバース族のサーチ、破壊されそうになった時に守れる、直接攻撃できるようになるサイバネット・バックドア

 

・攻撃力と守備力2000のサイバース族トークンを特殊召喚できる魔法カードのワンタイム・パスワード

 

・「コード・トーカー」モンスターを簡単に召喚できる罠カードのリコーデッド・アライブ

 

バランサーロードやエンドード・トーカー、サイバネット・バックドア、リコーデッド・アライブなどは「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」で揃います。

 

最近のサイバース族デッキは「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」3個合体デッキをブースターパックで強化する形が強いですし、簡単に作れます。

 

 

サイバース族以外のカード

サイバース族以外のモンスターでは、

トークンを特殊召喚できるBF-朧影のゴウフウ

デッキからレベルの合計が6になるようにモンスターを特殊召喚できるレスキューフェレット

が優秀です。

 

BF-朧影のゴウフウ

特殊召喚・チューナー・効果モンスター

星5/闇属性/鳥獣族/攻 0/守 0

このカードは通常召喚できない。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。

(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。このトークンはリリースできず、S素材にできない。

(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、そのレベルの合計と同じレベルを持つ自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

 

 

レスキューフェレット

効果モンスター

星4/地属性/獣族/攻 300/守 100

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。レベルの合計が6になるようにデッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 

 

使ってみたい「EXTREME FORCE」に収録されるサイバース族

ロックアウト・ガードナー

効果モンスター

星3/地属性/サイバース族/攻1000/守1000

(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。 このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、このターン戦闘では破壊されない。

(2):自分フィールドのサイバース族モンスター1体のみを対象とする相手フィールドのモンスターの効果が発動した時に発動できる。その自分のサイバース族モンスターとその相手モンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

 

相手モンスターの攻撃を止めれるし、相手モンスターの効果を無効化できる優秀なモンスターです。

 

ただ、相手モンスターの直接攻撃宣言時にしか特殊召喚できないので、少し使いにくいイメージです。

 

 

ストライピング・パートナー

特殊召喚・効果モンスター

星4/光属性/サイバース族/攻1200/守1600

このカードは通常召喚できず、このカードの(1)の効果でのみ特殊召喚できる。

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドで発動したモンスターの効果の発動が無効になった場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが特殊召喚に成功した時、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

フリック・クラウン

効果モンスター

星4/闇属性/サイバース族/攻1000/守1400

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにこのカード以外のサイバース族モンスターが2体以上存在し、自分の手札が0枚の場合、1000LPを払って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

ビットルーパー

効果モンスター

星4/地属性/サイバース族/攻1500/守2000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札からレベル2以下のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

 

フィールドに関係なく、手札にレベル2以下のモンスターがあれば特殊召喚できます。

 

墓地を肥やして、サイバース・ガジェットに繋げるので強いです。

 

 

アンダークロックテイカー

リンク・効果モンスター

リンク2/闇属性/サイバース族/攻1000

【リンクマーカー:左/下】

効果モンスター2体

(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

 

相手モンスターの攻撃力をダウンできる効果を持ってます。

 

リンク素材の条件が簡単なので、召喚しやすいリンクモンスターです。

 

 

ベクター・スケア・デーモン

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/サイバース族/攻2400

【リンクマーカー:上/右/左下】

サイバース族モンスター2体以上

(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに、破壊したそのモンスターを特殊召喚する。この効果で相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 

 

フレイム・アドミニスター

リンク・効果モンスター

リンク2/炎属性/サイバース族/攻1200

【リンクマーカー:左/右下】

サイバース族モンスター2体

(1):「フレイム・アドミニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は800アップする。

 

リンク素材にサイバース族モンスターしか使えませんが、リンクモンスターの攻撃力を800アップします。

 

デコード・トーカーのリンク先に召喚して、攻撃力1300アップはなかなか強いです。

 

 

リカバリー・ソーサラー

リンク・効果モンスター

リンク2/光属性/サイバース族/攻1500

【リンクマーカー:左/下】

サイバース族モンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このターンに破壊された自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

セキュア・ガードナー

リンク・効果モンスター

リンク1/光属性/サイバース族/攻1000

【リンクマーカー:右】

サイバース族リンクモンスター1体

このカードはリンク素材にできない。

(1):「セキュア・ガードナー」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):このカードが特殊召喚に成功したターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。

(3):自分が戦闘・効果でダメージを受ける場合、1ターンに1度だけそのダメージは0になる。

 

 

サイバネット・リフレッシュ

通常罠

(1):相手のサイバース族モンスターの攻撃宣言時に発動できる。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。このターンのエンドフェイズにこの効果で破壊したサイバース族リンクモンスターを可能な限り、墓地から持ち主のフィールドに特殊召喚する。

(2):相手モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分フィールドのサイバース族リンクモンスターはターン終了時まで自身以外のカードの効果を受けない。 

 

 

まとめ

「エクスコード・トーカー」を使ったサイバース族デッキを紹介しました。

 

新しいパックが登場するたびに、サイバース族は特殊召喚しやすいモンスターが増えていきます。

 

初期の頃と比べてもリンク召喚の自由度も上がってきました。今回のパックに収録されるモンスターも試してみてはどうでしょうか?

 

 

過去のサイバース族デッキの記事

www.eria-yugioh.xyz

www.eria-yugioh.xyz