エリブログ!

マンガやアニメ、ゲームと遊戯王のことを公開しています。遊戯王のデッキレシピ解説してます٩( 'ω' )و

【遊戯王 考察】「トワイライトロード」判明カード一覧

※2017.04.17 更新

f:id:paychan:20170302213638j:plain

今回は、新しいパック「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録される新規カード「トワイライトロード」のカードをまとめています。

 

「ライトロード」が闇属性に変わったカテゴリーです。今までの「ライトロード」との相性についても紹介します。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」発売決定!新カードまとめ

 

トワイライトロード・ジェネラル ジェイン

効果モンスター

星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1200

(1):1ターンに1度、自分の手札・墓地の「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 

ライトロード・パラディン ジェインが闇属性になっただろう姿。属性が光から闇に変わっただけでステータスは同じです。効果も攻撃力に関係する効果です。

 

1つ目の効果 

自分の手札・墓地の「ライトロード」モンスターを除外して、フィールドの表側表示モンスターの攻撃力を下げます。除外したモンスターのレベル x 300ダウンです。

 

シンクロモンスターのライトロード・アーク ミカエルを除外すれば、レベル7 x 300ダウンできます。攻撃力2100ダウンなので、ほとんどのモンスターを戦闘破壊できるようになります。

 

2つ目の効果

2つ目の効果は、「トワイライトロード」の共通効果です。他のモンスターでは割愛してます。

 

「ライトロード」モンスターはエンドフェイズ時に必ずデッキを墓地に送る効果を発動するので、「ライトロード」がいれば毎ターン発動します。

 

また、ライトロード・アサシン ライデンとフィールドに並べば、メインフェイズに発動することができます。

 

ライトロード・アサシン ライデンの効果と合わせると、4枚のカードを墓地に送ることができるのでライトロードデッキでは展開のスピードを上げる優秀なモンスターになると思います。

 

手札・墓地にレベルの高い「ライトロード」がない時に発動することで、1つ目の攻撃力をダウンさせる効果発動のサポートになるので便利です。

 

トワイライトロード・ソーサラー ライラ

効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 200

(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 

ライトロード・マジシャン ライラが闇属性になったカードです。

 

1つ目の効果

魔法・罠カードの発動をトリガーに、手札か墓地から「ライトロード」モンスターを除外して、フィールドの表側表示の魔法・罠カードを破壊できます。

 

元のライトロード・マジシャン ライラと比較すると、守備表示にする必要がないので攻撃に有利なモンスターです。その代わり、表側表示のカードしか破壊できません。

 

最近のテーマデッキでは、フィールド魔法が多いので効果自体は腐らず使いやすいです。破壊する対象の代表例だと、ドラゴニックDですね(色んなデッキで見ます)。

 

ペンデュラムカードも狙って破壊できるので、ペンデュラムデッキと戦う時には強いです。

 

トワイライトロード・シャーマン ルミナス

効果モンスター

星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000

(1):1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 

ライトロード・サモナー ルミナスが闇属性になったカードです。

 

1つ目の効果 

手札か墓地から「ライトロード」モンスターを除外することで、除外されている「ライトロード」モンスターを特殊召喚できます。

 

「トワイライトロード」モンスターは除外することで効果を発動するので、「ライトロード」モンスターを除外するのは比較的に困らないでしょう。相性の良いモンスターに妖精伝姫ーシラユキもいますし。

 

強いところは元になったライトロード・サモナー ルミナスと異なり、手札が0枚でも発動できる点です。先に「ライトロード」モンスターを除外しておく必要がありますが、このカード1枚からライトロード・アーク ミカエルをシンクロ召喚できます(墓地か除外にライトロード・アサシン ライデンなど「ライトロード」チューナーも必要)。

 

トワイライトロード・ファイター ライコウ

効果モンスター

星2/闇属性/獣族/攻 200/守 100

(1):このカードが召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 

ライトロード・ハンター ライコウが闇属性になったカードです。

 

1つ目の効果

召喚またはリバースした時に、手札か墓地から「ライトロード」モンスターを除外して、フィールドのカードを1枚除外できます。

 

元のライトロード・ハンター ライコウと比較すると、リバース時だけでなく召喚時にも効果を発動できる点がメリットです。自分のターンでも気にせず発動できます。

 

効果も破壊ではなく除外するところが優秀です。破壊耐性のあるカードや相手の厄介なモンスターを除外して、死者蘇生などで再利用できなくします。

 

ただ、普通に召喚して効果を発動すると、低い攻撃力のままフィールドに残ってしまうので、ゾンビキャリアなど他のモンスターと素材に使うのがおすすめです。レベル2モンスターなので、シンクロ、エクシーズ、リンク召喚、どれでも使用しやすいですね。

 

戒めの龍(バニッシュメント・ドラグーン)

特殊召喚・効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600

このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、1000LP払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

 

裁きの龍が闇属性になっただろう姿。「戒めの龍」も闇属性のところ以外ステータスは同じです。効果も似てます。

 

除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できるモンスター。

 

「トワイライトロード・ジェネラル ジェイン」で「ライトロード」を除外しておいてくださいってことですね。おそらく、今後わかってくる「トワイライトロード」モンスターも除外効果を持っていると思います。

 

1つ目の効果

裁きの龍と似た効果で1000ライフポイントを支払って発動します。フィールド全体破壊だったのに対して、お互いの墓地と除外されている表側表示のカードを全てデッキに戻す効果です。

 

遊戯王では墓地と除外ゾーンにあるカードは展開する上で重要です。そのため、”全てデッキに戻す”は相手の展開の妨害になります。

 

ただし、自分も墓地と除外ゾーンのカードを利用できなくなる点と優秀なカード(例えば、D-HEROディアボリックガイなど)を相手が再利用できるようになる点は注意が必要です。

 

2つ目の効果

「戒めの龍」も2つ目の効果で、デッキから墓地にカードを送ることができます。

 

1つ目の効果で墓地のカードをデッキに戻した後にライトロード・アサシン ライデンでメインフェイズに効果を発動すれば、墓地にカードを6枚落とすことができます。

 

デッキに墓地を利用するモンスター(例えば、グローアップ・バルブ、Emトリック・クラウンなど)を落とせれば、シンクロやエクシーズモンスターを展開してワンキルを狙うことも可能です。

 

闇の進軍

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、自分のデッキの上からカードを除外する。

 

墓地の「ライトロード」モンスターを回収できます。回収した後、回収したモンスターのレベルの分だけデッキの上からカードを除外します。

 

光の援軍の対をイメージするカードです。あちらがサーチ効果なのに対して、こちらはサルベージです。

 

ライトロードデッキで墓地回収をするなら、死者転生のほうが使いやすいです。

 

裁きの龍と戒めの龍を回収できますし、手札のモンスターを墓地に送ることもできます(墓地で効果を発動するモンスターや裁きの龍の召喚条件を満たすため「ライトロード」モンスターを送れます)。

 

除外されるカードは、トワイライトロード・シャーマン ルミナスの効果か戒めの龍の召喚条件に使用できます。

 

ただし、除外するなら「トワイライトロード」モンスターで墓地のモンスターを除外したり、妖精伝姫ーシラユキの効果で除外したほうが好きなカードを選んで除外できます。

 

闇の進軍を使うなら、ライトロードデッキよりも「ライトロード」モンスターが少しだけ入ってる除外デッキがいいと思います(ネクロフェイスデッキ破壊など)。

 

黄昏の双龍

通常魔法

(1):自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

 

「裁きの龍」か「戒めの龍」を墓地から回収するカードです。

 

1つ目の効果

「戒めの龍」がフィールドにいる時に、墓地から「裁きの龍」を手札に回収します。

 

墓地にカードを送る効果はライトロードと相性が良いですが、「戒めの龍」の効果に墓地のリセット効果があるので、微妙なカードです。「このターンで決める!」「戒めの龍の効果は発動しない」時にはガンガン使っていきたいです。

 

個人的には、「このターンで決める!」時に使うのがおすすめです。

 

2つ目の効果

「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地に送られた時なので、こちらのほうが発動する機会は多そうです。

 

「戒めの龍」をデッキに1枚しか入れてなくても、墓地から回収して戦闘ダメージを狙いにいけます。

 

個人的には「裁きの龍」を特殊召喚→フィールドリセット→「戒めの龍」を特殊召喚→墓地と除外をリセット→バトルフェイズ、6000ダメージが理想です。

 

トワイライト・イレイザー

通常罠

(1):自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

 

「トワイライトロード」罠カードです。

 

1つ目の効果

発動の条件は厳しいですが、フィールドのカードを2枚除外できる&フリーチェーンで発動できるので強いです。

 

イラスト通り、トワイライトロード・シャーマン ルミナスから「ライトロード」モンスターを特殊召喚して発動する方法が、一番発動しやすいと思います。

 

2つ目の効果

「ライトロード」モンスターの効果で墓地に落ちた時に、手札の「ライトロード」モンスターを特殊召喚できます。

 

この効果は強いです。

「トワイライトロード」モンスターは共通効果で墓地にカードを送る効果があるので、メインフェイズ時に墓地にカードを送れるライトロード・アサシン ライデンなどと一緒に使うことで、タラレバ「ライトロード」モンスターを追加で特殊召喚できます。

 

1つ目も2つ目の効果も強いカードなので、ライトロードデッキを作る時は3枚持って置きたいですね。 

 

黄昏の交衣

通常罠

(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。自分の墓地の「ライトロード」モンスターを任意の数だけ選んで除外し、 対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、この効果で除外したモンスターの数×200アップする。

(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。このターン、自分フィールドの「ライトロード」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 

1つ目の効果は墓地の「ライトロード」モンスターを除外し、その枚数 x 200ポイント、ステータスをアップする効果です。

 

ライトロードの効果で墓地に落ちることが想定されます。さらに、もし手札に引いたとしても「ライトロード」モンスターを除外するタイミングが1回セットしてからなので少し遅いです。

 

使うとすれば、2つ目の効果です。

 

「ライトロード」モンスターの効果で墓地に送られたターンに、自分の「ライトロード」モンスターは戦闘・効果で破壊できなくなります。

 

相手の激流葬や奈落の落とし穴などの罠カードを避けられます。ライトロード・アサシン ライデンやライトロード・ウォリアー ガロス、「トワイライトロード」モンスターを使えば、自分のメインフェイズ1に墓地に送ることができる可能性があるので、バトルフェイズや召喚を安心して行うことができます。

 

ただし、裁きの龍や戒めの龍は、戦闘・効果破壊されてしまうので注意です。

 

相性の良いカード

墓地を肥やす「ライトロード」と墓地のカードを除外するカードと相性が良いです。相性の良いカードをまとめて紹介。

 

相性の良い「ライトロード」モンスター

2つ目の効果でデッキからカードを墓地に送れるので、メインフェイズに効果を発動できる「ライトロード」と相性が良いです。 

(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 

メインフェイズに効果を発動できる「ライトロード」

・ライトロード・アサシン ライデン

・ライトロード・サモナー ルミナス

・ライトロード・マジシャン ライラ

・ライトロード・アーク ミカエル

・ライトロード・セイント ミネルバ

 

他にも何種類かありますが、リバースだったりアドバンスだったりするので省いています。

 

すでに紹介しているライトロード・アサシン ライデンであれば、デッキから4枚カードを墓地に送れます。その後の展開の準備をできるので使いやすいです。

 

ライトロード・セイント ミネルバもメインフェイズにデッキからカードを墓地に送れるので相性が良いです。ランク4なので、エクシーズ素材にもピッタリです。

 

「ライトロード」以外のカード

墓地から蘇生するカードや効果で墓地のモンスターを除外できるカードと相性が良いです。

 

妖精伝姫ーシラユキ

例えば、墓地の「ライトロード」を除外するのは、妖精伝姫ーシラユキが合います。

f:id:paychan:20170303002756j:plain

効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

墓地からカードを7枚除外して効果を発動するので、墓地から「ライトロード」を4枚以上除外することができます。「戒めの龍」の特殊召喚に使いたいモンスターです。

 

さらに、レベル4モンスターなので、ライトロード・セイント ミネルバのエクシーズ召喚とも相性が良いです。

 

ライトロード・ビースト ウォルフやEmトリック・クラウンなど墓地肥やしと相性の良い特殊召喚できるレベル4モンスターを使えば、さらにエクシーズ召喚しやすくなります。

 

カオス・ソルジャー -開闢の使者-

元々「ライトロード」と相性の良いモンスターでしたが、「トワイライトロード」が闇属性なので更に相性が良くなりました。

 

「トワイライトロード・ジェネラル ジェイン」も「ライトロード」なので、カオス・ソルジャーを「ライトロード」を2枚除外しながら特殊召喚できます。 

 

「戒めの龍」の除外されているカードをデッキに戻す効果とも相性が良く、カオス・ソルジャーで相手フィールドのモンスターを除外しておいて「戒めの龍」でデッキに戻すことができます。

 

シンクロやエクシーズモンスター、墓地で効果を発動する or 再利用されるモンスターを封じることができるのは強いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

「ライトロード」と真逆で除外をテーマにした「トワイライトロード」の考察でした。メインフェイズにデッキから墓地にカードを送れる点が優秀です。

 

今までの「ライトロード」と相性が良いので、「コード・オブ・ザ・デュエリスト」でライトロードデッキが大きく強化されると思います。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」発売決定!新カードまとめ