エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

「盆回し」高騰中!相性の良いフィールド魔法を紹介

f:id:paychan:20170701200425j:plain

2017年7月1日から適用されたリミットレギュレーションで「テラ・フォーミング」が準制限カードになり、「盆回し」に注目が集まっています。

 

そして、盆回しが収録されているマキシマム・クライシスが品薄でしたが、店舗に補充され始めています!

 

 

「盆回し」の効果

速攻魔法

(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 

デッキから2枚、カード名の違うフィールド魔法を自分と相手のフィールドにセットする魔法カードです。

 

テラ・フォーミング(準制限カード)

f:id:paychan:20170701200423j:plain

通常魔法

(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

 

最近では、どのカテゴリーも強いフィールド魔法が登場しています。そのせいもあって、フィールド魔法を使うデッキでは3枚ずつ採用されていたため、準制限カードになりました。 

 

スターターデッキ2017に再録されたばかりだったので、持ってる人が多いですが準制限カードになってしまったのは辛い。。。

 

「盆回し」の相場

2017年7月現在では、約1300円です。

 

もともとノーマルレアで当たりにくい+フィールド魔法を使うデッキでは複数枚採用したい、という理由から値段が高騰しています。

 

 

「盆回し」と相性の良いフィールド魔法

魔法族の里

フィールド魔法

自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合、相手は魔法カードを発動できない。自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在しない場合、自分は魔法カードを発動できない。

 

魔法使い族モンスターを使わないデッキなら、魔法カードを発動できなくなります。

 

 

アンデットワールド

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上及び墓地に存在する全てのモンスターをアンデット族として扱う。また、このカードがフィールド上に存在する限り、アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

 

フィールドと墓地の全てのモンスターをアンデット族に変更できるので、種族サポートの効果を封じれます。

 

そして、アドバンス召喚もできなくさせます。

 

 

チキンレース

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。

(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

●デッキから1枚ドローする。

●このカードを破壊する。

●相手は1000LP回復する。 

 

相手のフィールドに発動しても、1ドローできます。

 

 

ユニオン格納庫

フィールド魔法(準制限カード)

「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

 

相性が良いというか「テラ・フォーミング」と「ユニオン格納庫」が準制限カードになり、ABCデッキで大活躍中です。

 

 

オレイカルコスの結界

フィールド魔法

このカードの発動時に、自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。このカードがフィールド上に存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。1ターンに1度、このカードはカードの効果では破壊されない。自分フィールド上にモンスターが表側攻撃表示で2体以上存在する場合、相手は攻撃力の一番低いモンスターを攻撃対象に選択できない。「オレイカルコスの結界」はデュエル中に1枚しか発動できない。 

 

発動時にデメリット効果があります。

 

 

混沌の場

フィールド魔法

「混沌の場」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いの手札・フィールドからモンスターが墓地へ送られる度に、1体につき1つこのカードに魔力カウンターを置く(最大6つまで)。

(3):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。自分はデッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

発動時に対象のモンスターがいない場合、発動できない。そのため、相手のフィールド魔法を封じられます。

 

 

セフィラの神託

フィールド魔法

「セフィラの神託」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時にデッキから「セフィラ」モンスター1体を手札に加える。

(2):以下のモンスターを、「セフィラ」モンスターを使用して儀式召喚、または「セフィラ」モンスターを素材として特殊召喚した時、自分はそれぞれの効果を1ターンに1度ずつ発動できる。

●儀式:フィールドのモンスター1体をデッキに戻す。

●融合:手札のモンスター1体を特殊召喚する。

●S:デッキのモンスター1体をデッキの一番上に置く。

●X:デッキから1枚ドローし、その後手札を1枚捨てる。 

 

混沌の場と同じく「セフィラ」モンスターがいないと発動できないので、相手のフィールド魔法を封じられます。

 

 

半魔導帯域

フィールド魔法

自分メインフェイズ1・メインフェイズ2の開始時にこのカードを発動できる。

(1):お互いのメインフェイズ1の間、フィールドのモンスターは、それぞれの相手の効果の対象にならず、それぞれの相手の効果では破壊されない。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 

発動されてもお互いにメリット効果が付きます。そして、新しいフィールド魔法の発動とセットができないので、相手のフィールド魔法を封じれます。

 

 

まとめ

「盆回し」と相性の良いフィールド魔法の紹介でした。

 

個人的には「アンデットワールド」が好きです。

 

使用するデッキと相談して勝率を上げられるフィールド魔法を採用してみましょう。