エリブログ!

マンガやアニメ、ゲームと遊戯王のことを公開しています。遊戯王のデッキレシピ解説してます٩( 'ω' )و

【考察】「ランカの蟲惑魔」効果判明!「コード・オブ・ザ・デュエリスト」新カードまとめ

f:id:paychan:20170221205610j:plain

※2017年4月12日 更新 

2017年4月15日にCODE OF THE DUELISTが発売します。

 

リンクモンスターも収録され、エクストラデッキからの新召喚法の度に登場するバニラで有名なモンスターもリンクモンスターで登場!

 

現在わかっている新カードを考察していきます。

f:id:paychan:20170412211825j:plain

効果モンスター

星4/地属性/昆虫族/攻1500/守1300

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。

(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。

(3):1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのセットされたカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。 この効果は相手ターンでも発動できる。

  

公式サイトはこちらから。

 

新規カード考察

カードが多いため、テキストに関しては「遊戯王カードWIKI」を参照どうぞ。

 

※リンクモンスターはルールの影響もあるため、変更があれば考察を随時更新します。

 

サイバース・ウィザード

守備表示にする効果とサイバース族モンスターに守備貫通を与える効果。

 

効果を発動すると、守備表示に変更したモンスターにしか攻撃できなくなるデメリット。サイバース族専用のサポートカードが増えてきたら使用する機会もありそうですね。

 

バックアップ・セクレタリー

サイバース族モンスターがいる時に特殊召喚できるモンスターです。リンク召喚に使いやすいましょう。

 

サイバース族限定のハニーボットがリンク召喚しやすくなりました。

 

スタック・リバイバー

リンク召喚の素材に使用した時に、墓地からレベル4以下のサイバース族モンスターを特殊召喚できます。

 

連続でリンク召喚しやすくなりますね。サイバース・ガジェットと相性バツグンです。

 

ランチャー・コマンダー

サイバース族の攻撃力アップとリリースをコストに相手モンスターを破壊できる。

 

レベル4で使いやすいけども、他のサイバース族モンスターと並べることが重要。ペンデュラム召喚と相性良さそう。

 

サルベージェント・ドライバー

条件付き特殊召喚と魔法カードをコストにサイバース族を蘇生できる。

 

サイバース族ならリンクモンスターでも可能なので、このモンスターでLINK-2やLINK-3のリンクモンスターを蘇生してリンク召喚に繋げられる。 

 

トリックスター・リリーベル

サーチまたはサルベージされた時に、手札から特殊召喚できます。トリックスターはサーチ効果が豊富なので、リンク召喚にも繋げられます。 

 

トリックスター・キャンディナ

「トリックスター」版エアーマン。フィールド魔法もいけるから、トリックスター・ライトステージもサーチできる。

 

サーチとバーンが豊富な天使族カテゴリーっぽいね。

 

剛鬼ツイストコブラ

攻撃力アップと墓地に送られた時にサーチ効果。特殊召喚できる「剛鬼」モンスターが増えれば活躍できそう。

 

剛鬼スープレックス

召喚時に「剛鬼」を特殊召喚できるモンスター。墓地に送られた時にサーチもできる。今のところレベルが合わないからエクシーズ召喚よりはリンク召喚に。

 

剛鬼ライジングスコーピオ

自分フィールドにモンスターがいない時または自分フィールドに「剛鬼」モンスターしかいない時に、リリースなしで召喚できます。

 

フィールドから離れてもサーチ効果が発動できるので、手札が減りません。剛鬼ツイストコブラとセットで使って攻撃力をアップしてみたいです。

 

DDヴァイス・テュポーン

召喚時にDDDモンスターをリクルート&墓地へ送られたターンのメインフェイズにDDD融合モンスターを融合召喚する。

 

レベル7で召喚時は少し厳しい。使うとすれば、2つ目の効果ですね。融合やシンクロなどの素材で使われても効果を発動できるので、このカードを素材にして一気に攻撃力の高いモンスターを2体並べることもできる。

 

星杯を戴く巫女

レベル2・水属性・魔法使い族・バニラ。

 

公式のTwitterがフレーバーテキストだけを呟いたり、ちょっと不思議なモンスター。10期のストーリーの始まりなのかも。

 

星杯に選ばれし者

レベル3・炎属性・サイキック族・バニラ。

 

もしかすると「星杯」と名のついたカテゴリーかな? リンク召喚が始まるからバニラからのリンク召喚テーマのカテゴリーだと思って期待!

 

星杯に誘われし者

レベル4・地属性・戦士族・バニラ。

 

「星杯」はバニラテーマのカテゴリー確定。「星杯」を素材指定するリンクモンスター「星杯剣士アウラム」も登場!

 

そして、4月からはデッキ体験会もスタート。

 

星杯の守護竜

リンク状態のモンスターを対象とする効果の発動を無効にし破壊できます。手札誘発で使いやすい効果ですね。

 

そして、墓地から除外することで、墓地の通常モンスターを蘇生できます。手札誘発で墓地に落ちてもすぐに他のことで利用できます。これは星杯デッキに3枚必須ですね。

 

トワイライトロード・ジェネラル ジェイン

ライトロード・パラディン ジェインが攻撃力を上げていたのに対して、ライトロードを除外しながら相手モンスターの攻守を下げる効果。

 

レベル4モンスターを除外しすれば1200ダウンするので、実質攻撃力3000までなら戦闘破壊できる。戦闘では優秀なモンスターになる。

【考察】「トワイライトロード・ジェネラル ジェイン」「戒めの龍」判明カード一覧 

 

トワイライトロード・ソーサラー ライラ

魔法・罠の発動がトリガーに効果を使うようになったライラ。タイミング的に厳しいし、表側表示の魔法・罠カードしか破壊できないのも微妙。

 

トワイライトロード・シャーマン ルミナス

手札か墓地から「ライトロード」を除外して、除外されている「ライトロード」を特殊召喚できる。普通に強い。そして、すでにスーレとわかってる。

 

トワイライトロード・ファイター ライコウ

リバースだけでなく召喚時も除外効果が使えるのは強い。特殊召喚に対応してないけども、シンプルな除去は期待。

 

戒めの龍

トワイライトロード・ジェネラル ジェインの効果で除外を溜めたいけども、妖精伝姫ーシラユキを使うとめちゃくちゃ簡単に特殊召喚できる。

 

裁きの龍と違って、お互いの墓地と表側表示で除外されているカードをデッキに戻す。

 

遊戯王では墓地のカードを頻繁に有効活用するので、フィールド全破壊並みに強い効果です。

 

裁きの龍+このモンスターでフィールド、墓地、除外をリセットするのすごい楽しそう。

【考察】「トワイライトロード・ジェネラル ジェイン」「戒めの龍」判明カード一覧

 

レスキューフェレット

レスキューキャット、レスキューラビット、レスキューラット。そして、レスキューフェレット。みんな大好きデッキから複数体モンスターを展開する系モンスター。

 

今回はレベルの合計が6になるように任意の数特殊召喚できるので、レベル2モンスターx3体やレベル3モンスターx2体なんてことができる。

 

ただし、リンク先のモンスターゾーンがないと使えないからちゃんとした強さに関してはスターターデッキが発売してからわかる。

 

イラスト可愛いのに敵にしたら怖いモンスターだ(笑)

 

ランカの蟲惑魔

「蟲惑魔」の新カードです。召喚時に「蟲惑魔」モンスターをサーチできます。つまり、エアーマンですね(笑)

 

面白い効果でセットされている魔法・罠カードを手札に戻せます。手札コストに使いたい時や「落とし穴」系だと召喚反応で使う機会がない時などに戻せます。

 

埋蔵金の地図をノーコストで使えるようになったので、蟲惑魔の新しいドロー隊員に使えそうです。

 

切れぎみ隊長

召喚時に墓地からレベル4以下のモンスターを特殊召喚できる。レベル1なので金華猫に似てるけれど、切れぎみ隊長はレベル4以下なら蘇生可能。

 

召喚からすぐにランク1のエクシーズモンスター、レベル2〜5のシンクロモンスターを特殊召喚できる。地属性を蘇生すればミセス・レディエントもリンク召喚できる。

 

金華猫と違って戦士族なので、増援でサーチできるし、戦士の生還でサルベージできる。レベル1を活かして、ワンチャン!?からもサーチできる。

 

残念ながら、特殊召喚時に効果発動できないのでワン・フォー・ワンと相性は良くない。

 

詳しくはこちらの記事で。

【考察】シンクロ、エクシーズ、リンク召喚と相性が良い『切れぎみ隊長』

 

Re:EX

攻撃力1900の恐竜族モンスターとして使うのが一番な気がします。

 

効果的にはほぼバニラと考えてもいいので、レスキューラビットなどのバニラサポートに対応してないのが辛いですね。

 

攻撃力2500ラインのエクストラデッキから特殊召喚したモンスターを倒せるのがメリットですね。

 

影星軌道兵器ハイドランダー

墓地のモンスターのカード名が全て異なる時に特殊召喚できる特殊なモンスター。ダムドが召喚しづらくなったイメージ。

 

フィールドのカードを破壊できるし、レベル8攻撃力3000ある特殊召喚モンスターなので、色々なデッキで使うことができる。

 

例えば、機械族で組めばリミッター解除で攻撃力6000で攻撃できるし、闇属性でシナジーのあるD-HEROも墓地を除外して調節できるので採用の余地がある。

 

またシンクロダークやライトロードや暗黒界などとも相性が良さそう。ライトロードなら妖精伝姫ーシラユキで墓地のカードを調節できる。ランク8エクシーズの素材にも使えるし、破壊に失敗しても墓地肥やしでサポートできる。

 

何より守備力1500は狙ってるとしか思えない。

『クリッチー』の歴史|「パーフェクトルールブック2017」で「黒き森のウィッチ」付録

 

覇王眷竜スターヴ・ヴェノム

召喚しやすい融合モンスター。

 

効果をコピーする効果よりも全体に貫通効果を与えられる部分を使いそう。

 

詳しくはこちらの記事で。

【考察】『覇王眷竜スターヴ・ヴェノム』

 

覇王眷竜クリアウィング

覇王眷竜スターヴ・ヴェノムとは違い、全体除去と戦闘前に破壊&バーン。優秀ですね。

 

攻撃されても発動する効果だから、実質戦闘破壊耐性が付いてるような感じ。しかも、シンクロ使いには嬉しいレア収録です。 

 

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー

攻撃力6000と墓地からDDモンスターを蘇生するシンクロモンスター。

 

【DD】デッキのワンキル率を上げている!?

 

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー

モンスターを特殊召喚する効果を止めれるエクシーズモンスター。これだけでも強いです。

 

悪魔族レベル6モンスターx2体で召喚できるため、【DD】デッキ 以外でも活躍しそう。

 

2つ目のデッキから契約書カードをサーチする効果も優秀。出張パーツの「DD魔導賢者ケプラー」「地獄門の契約書」「DDラミア」と一緒に使用しやすい。

 

ファイアウォール・ドラゴン

遊戯王ヴレインズの攻撃力2500の主人公カード。

 

フィールドか墓地からモンスターを手札に戻せる効果があり、相手ターンでも使用できる。セイクリッド・トレミスM7に似てる。

 

複数枚バウンスできるのも強いけど、リンク素材の条件がモンスター2体以上だからスケープ・ゴートから召喚できるところがさらに強い。

 

トリックスター・ホーリーエンジェル

バーンと攻撃力アップは微妙。「トリックスター」に戦闘・効果破壊耐性を付けれるところがメリット。特殊召喚できる「トリックスター」が出ないと現状では使いにくい。

 

剛鬼ザ・グレート・オーガ

リンク素材の縛りがあるけども、リンクマーカーが自分フィールドにしか向いてない。召喚すればほとんど破壊されなくなるし、維持しやすいリンクモンスター。

 

星杯竜イムドゥーク

「星杯」モンスターの召喚権を1回増やせる効果とフィールドから墓地に送られれた時に、手札から「星杯」モンスターを特殊召喚できます。

 

つまり、手札に「星杯」モンスターがあれば、このカードからLINK-2のリンクモンスターを特殊召喚できます。その後、手札に「星杯」モンスターがいれば、特殊召喚してさらに「星杯」モンスターを展開できます。

 

星杯神楽イヴ

リンク先のモンスターを守りながら、展開できるリンクモンスターです。素材の条件がありますが、「星杯」モンスターではリンク召喚いしやすいモンスターです。

 

星杯剣士アウラム

初めてのリンク召喚テーマのカテゴリー「星杯」のリンクモンスター。「星杯」モンスター以外に「星遺物」モンスターが登場する。

 

おもちゃ箱と相性がバツグン。

 

星杯戦士ニンギルス

ドローと除去と蘇生ができるリンクモンスターです。素材条件がリンクモンスターのみですが、星杯デッキではリンク召喚しやすいですね。

 

星杯デッキではエースモンスターになりますね。

 

電影の騎士ガイアセイバー

f:id:paychan:20170221220539j:plain

大地の騎士ガイアナイト、迅雷の騎士ガイアドラグーンに次ぐ新たなるガイア。今回はリンクモンスターになって登場。伝統のバニラ攻撃力2600は健在です。

 

LINK-3のモンスターのため召喚には3体のモンスター、もしくはLINK-2モンスターとモンスター1体が必要になる。

 

左右にリンクマーカーを持ってるのでメインモンスターゾーンでのシンクロ、エクシーズ、ペンデュラムの大量展開に使用されそうです。

 

ミセス・レディエント 

懐かしの地属性強化モンスター。今回はリンクモンスターとなって登場。いきなり素材の条件が地属性限定です。

 

LINK-2で実質攻撃力1900なのでそこそこ優秀。素材2体で召喚しやすく、今後の展開の補助に使用されそうです。

 

地属性は十二獣やグローアップ・バルブがいるため作りやすいのもメリット。

 

トリックスター・ライトステージ

「トリックスター」サーチ、相手の魔法・罠除去、バーンと欲張りなフィールド魔法。トリックスターデッキを作る時の必須カードですね。

 

剛鬼再戦

レベルの異なる「剛鬼」モンスターを2体墓地から特殊召喚できます。レベルが異なるなので、エクシーズ召喚ではなくリンク召喚しましょう!ってカードですね。

 

剛鬼デッキはすでに結構強そうな感じがしますね。

 

星遺物の加護

「星杯」モンスター2体をサルベージできるサポートカード。「星杯」モンスターは特殊召喚することが多いので、リンク素材に使った後はこのカードで手札に戻しておきましょう。

 

闇の進軍

墓地から「ライトロード」モンスターを回収する魔法カード。回収したあと、デッキの上から回収したモンスターのレベル分だけカードを除外します。

 

光の援軍を意識してる感じがビンビンにします。ライトロードデッキで墓地のモンスターを回収するなら、死者転生のほうがおすすめです。

 

黄昏の双龍

裁きの龍と戒めの龍を墓地から回収する魔法。手札からも使えるし、デッキから墓地に落ちても使える。トワイライトロードデッキでは採用の価値あり。

 

緊急救急救命レスキュー

デッキからレスキューキャット、レスキューラビット、レスキューラット、レスキューフェレットをサーチする魔法カード。

 

レスキュー的なニュアンスなのか自分のライフポイントが相手より少ない時にしか発動できない。チキンレースでライフを払ってから先行1ターン目に使うこともできる。チキンレースから発動すると名前的にも良いセンスだ(笑)

 

ただし、手札に加えるカードは相手が選択するようになっている。パワー・ツール・ドラゴンみたいな効果で、欲しいモンスターを確実に手札に加えるにはできるだけ序盤での発動が必要になってくる。

 

発動前にサーチ対象のモンスターをドローしないデュエリストセンスが求められる上級者向けのカードである。

 

ブーギートラップ

手札2枚と交換に墓地の罠をセットできるカード。セットした罠カードはそのまま使えるので、フリーチェーンの強制脱出装置やリビングデッドの呼び声などの蘇生系罠カードと相性が良いです。

 

手札を捨てるので、モンスターを捨てて置いてリビングデットの呼び声で蘇生するのも面白そう。

 

キャッスル・リンク

リンクモンスターの位置を変更するフィールド魔法。今後の遊戯王で重要になってくるモンスターゾーンの位置を毎ターン変更できる。

 

主に使用するのは、エクストラモンスターゾーンからのメインモンスターゾーンの移動だろう。

例えば、電影の騎士ガイアセイバーをエクストラモンスターゾーンからメインモンスターゾーンに移せば、左右2マスにエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できる。

 

「ポケモンカードみたいだ」

 

スリーストライク・バリア

発動条件が厳しい上に、3つの選択肢から選べる効果も微妙。罠のおかげで条件に合うタイミングで発動しやすいところはメリット。 

 

トリックスター・リンカーネイション

「相手の手札を全て除外する」という遊戯王最大の恐怖カードです。

 

相手の手札入れ替えができるので、サーチした直後や増殖するGで最大限ドローした直後に発動したいです。タラレバ、デッキ破壊も見込めます。

 

さらに、墓地から除外すれば、「トリックスター」モンスターを墓地から特殊召喚できます。

 

うん、強すぎますね。トリックスターデッキ作ります(笑)

 

星遺物の導き

「星遺物」モンスターを除外し、墓地からモンスターを2体蘇生できます。単純な2:2交換ですが、モンスターを2体並べられるのでリンク召喚のサポートに使えます。

 

トワイライト・イレイザー

墓地2枚除外で2枚除去。ライトロードデッキでは入れない理由がない罠。ルミナスから展開して発動が一番簡単そう。

 

暗黒界の洗脳

暗黒界のサポートカード。相手モンスターの効果発動時に暗黒界モンスターを手札に戻し、相手モンスターの効果を”ランダムに一枚選んで捨てる”に変更する。

 

発動条件が手札が3枚以上、フィールドに暗黒界モンスター、そしてこのカード。手札3枚以上はかなり厳しい。。。

 

使うとすれば、暗黒界の術師 スノウ、暗黒界の狩人 ブラウ、暗黒界の門で手札枚数の調節が得意なデッキ構築になりますね。

 

絶縁の落とし穴

リンク召喚成功時に発動でき、フィールド上のリンク状態ではないモンスターを全て破壊する落とし穴。

 

イメージすると、リンク状態であれば効かない激流葬です。もしもリンクモンスターがリンク状態じゃなかったらリンクモンスターも破壊するんだろうか?

 

そして、リンク状態しまくりになったデュエル終盤では使う機会がない感じがします。

 

砂塵の大嵐

罠で手札コストが必要ないので、ツインツイスターとは差別化できる。発動したターンはバトルフェイズを行えないので、相手ターンに使われるでしょう。

 

アーティファクトやバージェストマみたいな相手ターンで動くデッキと相性が良い。

 

戦線復帰

自分の墓地のモンスターを守備表示で蘇生できる罠カード。

 

守備表示で蘇生するので自分のターンであれば、シンクロ召喚やエクシーズ召喚、リンク召喚の素材に使ったりするのが効果的。

 

相手のエンドフェイズ時に発動して、次のターンに攻撃に参加させることもできる。その場合は、ステータスが高いモンスターや効果が強いモンスターを蘇生すると有利に!

 

全カードリスト

サイバース・ウィザード

バックアップ・セクレタリー

スタック・リバイバー

ランチャー・コマンダー

サルベージェント・ドライバー

トリックスター・リリーベル

トリックスター・キャンディナ

剛鬼ツイストコブラ

剛鬼スープレックス

剛鬼ライジングスコーピオ

DDヴァイス・テュポーン

星杯を戴く巫女

星杯に選ばれし者

星杯に誘われし者

星杯の守護竜

トワイライトロード・ジェネラル ジェイン

トワイライトロード・ソーサラー ライラ

トワイライトロード・シャーマン ルミナス

トワイライトロード・ファイター ライコウ

戒めの龍

レスキュー・フェレット

ランカの蟲惑魔

切れぎみ隊長

Re:EX

影星軌道兵器ハイドランダー

覇王眷竜スターヴ・ヴェノム

覇王眷竜クリアウィング

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー

ファイアウォール・ドラゴン

トリックスター・ホーリーエンジェル

剛鬼ザ・グレート・オーガ

星杯竜イムドゥーク

星杯神楽イヴ

星杯剣士アウラム

星杯戦士ニンギルス

電影の騎士ガイアセイバー

ミセス・レディエント

トリックスター・ライトステージ

剛鬼再戦

星遺物の加護

闇の進軍

黄昏の双龍

緊急救急救命レスキュー

ブーギートラップ

キャッスル・リンク

スリーストライク・バリア

トリックスター・リンカーネイション

星遺物の導き

トワイライト・イレイザー

暗黒界の洗脳

絶縁の落とし穴

砂塵の大嵐

戦線復帰

 

星杯の妖精リース

星遺物ー「星杯」

星遺物との邂逅

 

まとめ

今回から新マスタールール、リンクモンスターの追加です。個人的にはワクワクしてます。

 

既存のカテゴリーも強化されます。トワイライトロードや暗黒界は楽しみですね。これからも他の既存のカテゴリー強化されるのに期待です。

 

これから遊戯王がどんな風にランクアップしていくのか楽しみですね。早くリンクモンスターでデュエルしたい!レスキューフェレットめちゃくちゃ強い! 

 

ご予約はこちらから。