エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

『古代の機械超巨人』を使ったクロノスデッキレシピをわかりやすく解説!

11月11日発売の「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-」でクロノス・デ・メディッチが使用したカードがリメイクされて収録されます。

 

今回は、リメイクされた「古代の機械超巨人」と「古代の機械融合」を使ったデッキレシピをわかりやすく解説していきます。 

 

 

「レジェンドデュエリスト編2」新規カード

古代の機械超巨人

融合・効果モンスター

星9/地属性/機械族/攻3300/守3300

「アンティーク・ギア」モンスター×3

(1):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

(2):「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」の中から合計2体以上素材として融合召喚したこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

(3):融合召喚した表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。EXデッキから「古代の機械究極巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

古代の機械素体

効果モンスター

星4/地属性/機械族/攻1600/守 500

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札を1枚捨てて発動できる。「古代の機械巨人」1体または「古代の機械巨人」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

(2):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。手札から「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を合計3体まで召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

古代の機械融合

通常魔法

(1):自分の手札・フィールドから、「アンティーク・ギア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。自分フィールドの、「古代の機械巨人」または「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を融合素材とする場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

 

 

競闘-クロス・ディメンション

通常罠

(1):自分フィールドの「アンティーク・ギア」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻り、その攻撃力はそのターンの終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

(2):自分フィールドの、「古代の機械巨人」または「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」が戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 22枚>

2 古代の機械素体

2 古代の機械箱

3 古代の機械猟犬

3 古代の機械飛竜

1 古代の機械巨人

2 古代の機械巨人-アルティメット・パウンド

2 古代の機械熱核竜

2 増殖するG

3 灰流うらら

2 幽鬼うさぎ

 

<魔法 17枚>

3 古代の機械融合

3 古代の機械射出機

3 古代の機械要塞

3 歯車街

1 オーバーロード・フュージョン

1 テラ・フォーミング

1 ハーピィの羽根箒

1 未来融合-フューチャー・フュージョン

1 リミッター解除

 

<罠 1枚>

1 競闘-クロス・ディメンション

 

<エクストラデッキ 15枚>

2 古代の機械超巨人 

2 古代の機械究極巨人

2 古代の機械混沌巨人

2 古代の機械魔神

1 ギアギガントX

1 鳥銃士カステル

1 No.39 希望皇ホープ

1 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

2 ミセス・レディエント

1 鎖龍蛇-スカルデット

 

解説 使い方・回し方

 

「古代の機械」融合モンスターの攻撃力の高さを活かして戦うデッキです。 

 

古代の機械混沌巨人のデッキと同じく、「古代の機械」モンスターを集めて融合召喚するのが目的です。

 

古代の機械飛竜や歯車街のおかげで「古代の機械」モンスターはデッキからサーチ、特殊召喚しやすいです。

 

今回のパックから、融合カード「古代の機械融合」とそれをサーチできる「古代の機械素体」の登場で融合召喚に必要なカードが全部揃えやすくなりました。

 

「古代の機械素体」は運が良ければ、「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」も特殊召喚できます。

 

そのため、「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を2枚入れて、特殊召喚と融合素材にしやすいようにしました。

 

最後のトドメは、「古代の機械超巨人 」や「古代の機械混沌巨人」を使って、連続攻撃やリミッター解除からの高ダメージで押し切ります。

 

 

古代の機械熱核竜や古代の機械射出機、古代の機械要塞などの「アンティーク・ギア」関連のカードは、ストラクチャーデッキR 機械龍叛乱に収録されています。

 

 

「古代の機械」融合モンスター

古代の機械究極巨人

融合・効果モンスター

星10/地属性/機械族/攻4400/守3400

「古代の機械巨人」+「アンティーク・ギア」モンスター×2

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

(3):このカードが破壊された場合、自分の墓地の「古代の機械巨人」1体を対象として発動できる。そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

古代の機械混沌巨人

融合・効果モンスター

星10/闇属性/機械族/攻4500/守3000

「アンティーク・ギア」モンスター×4

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、相手はバトルフェイズ中にモンスターの効果を発動できない。

(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

古代の機械魔神

融合・効果モンスター

星8/地属性/機械族/攻1000/守1800

「アンティーク・ギア」モンスター×2

「古代の機械魔神」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードは他のカードの効果を受けない。

(2):自分メインフェイズに発動できる。相手に1000ダメージを与える。

(3):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 

 

 

手札誘発の効果モンスターで相手を妨害

融合召喚で一気に攻めるデッキタイプなので、相手の妨害が大事です。

 

手札誘発の「灰流うらら」と「幽鬼うさぎ」なら効果を無効にされにくく、相手モンスターの展開を妨害がしやすいです。

 

ドローの補助にもなる「増殖するG」も相性が良いです。

 

灰流うらら

チューナー・効果モンスター

星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800

「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

●デッキからカードを手札に加える効果

●デッキからモンスターを特殊召喚する効果

●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

 

幽鬼うさぎ

チューナー・効果モンスター

星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800

「幽鬼うさぎ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。フィールドのそのカードを破壊する。

 

 

相性の良いエクストラデッキのモンスター

「ギアギガントX」は機械族をサーチ、「ミセス・レディエント」は地属性のリンクモンスター。

 

そして、「鎖龍蛇-スカルデット」は融合のための手札交換ができるリンク4のリンクモンスターです。

 

ギアギガントX

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/機械族/攻2300/守1500

機械族レベル4モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキ・墓地からレベル4以下の機械族モンスター1体を選んで手札に加える。

また、このカードがフィールド上から離れた時、自分の墓地からレベル3以下の「ギアギア」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。

 

 

ミセス・レディエント

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/獣族/攻1400

【リンクマーカー:左下/右下】

地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

 

鎖龍蛇-スカルデット

リンク・効果モンスター

リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800

【リンクマーカー:上/左下/下/右下】

カード名が異なるモンスター2体以上

(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。

●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。 

 

 

まとめ

「古代の機械超巨人」を使ったクロノスデッキレシピの紹介でした。

 

全体的に古代の機械混沌巨人のデッキと似てますが、こちらのデッキのほうがより融合召喚しやすくなりました。

 

高攻撃力からの連続攻撃でワンキルもできるので、攻撃力の高いモンスターでプレイしたい人にはおすすめのデッキです。