エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

『風来王 ワイルド・ワインド』『シンクロコール』リゾネーターデッキレシピ&解説

f:id:paychan:20170308081441j:plain

PREMIUM PACK 19でジャック・アトラスが使ったカードが2枚登場します。「風来王 ワイルド・ワインド」と「シンクロコール」です。 

 

今回は「風来王 ワイルド・ワインド」と「シンクロコール」を使ったレッド・デーモンデッキを紹介します。 

 

新規カード

風来王 ワイルド・ワインド

効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300

(1):自分フィールドに攻撃力1500以下の悪魔族チューナーが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したターン、自分はSモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナー1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

レベル2のリゾネーターとシンクロしてレッド・ライジング・ドラゴンのシンクロ召喚に便利です。

 

レッド・リゾネーターからレベル2チューナーを特殊召喚しておけば、レベル8シンクロモンスターまで1ターンで作れます。

 

次のターンに除外して墓地からリゾネーターを回収できるのも美味しいです。チューナーを多用するリゾネーターデッキでは重宝しますね。

 

シンクロコール

通常罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターを含む自分フィールドのモンスターのみを素材として ドラゴン族・悪魔族の闇属性Sモンスター1体をS召喚する。

 

蘇生+シンクロ召喚がセットになった罠。

 

ドラゴン族か悪魔族の闇属性シンクロモンスターしかシンクロ召喚できないというジャックを意識してるカードです。

 

リゾネーターを蘇生する。もしくは、チューナーがいればレベルの合うモンスターを蘇生します。

 

「シンクロコール」のメリットは、戦闘のサポートにも使えるところですね。「レッド・デーモン」シンクロモンスターは攻撃力も高いので、戦闘に負けることはほぼないです。

 

デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 21枚>

3 風来王 ワイルド・ワインド

3 シンクローン・リゾネーター

3 増殖するG

3 レッド・リゾネーター

2 フォース・リゾネーター

1 クリエイト・リゾネーター

3 レッド・スプリンター

3 レッド・ウルフ

 

<魔法 10枚>

3 コール・リゾネーター

1 死者蘇生 

1 ソウル・チャージ

2 ツインツイスター

1 貪欲な壺

1 ハーピィの羽根箒

1 ブラック・ホール

 

<罠 9枚>

3 シンクロコール

1 神の警告

1 神の宣告

1 スカーレッド・カーペット

3 デモンズ・チェーン

 

<エクストラデッキ 15枚>

1 転生竜サンサーラ

1 氷結界の竜 ブリューナク

2 レッド・ライジング・ドラゴン

1 レッド・ワイバーン

1 月華竜 ブラック・ローズ

1 ブラック・ローズ・ドラゴン

1 妖精竜 エンシェント

1 琰魔竜 レッド・デーモン

2 レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

2 琰魔竜 レッド・デーモン・アビス

1 琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル

1 琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ

 

解説

リゾネーターを使って「レッド・デーモン」シンクロモンスターで戦うデッキです。レベル2チューナー+レベル6モンスターのシンクロ召喚がメインになってます。

 

プレイング

「風来王 ワイルド・ワインド」の特殊召喚でレベル6シンクロモンスターを目指します。ここはレッド・リゾネーター、レッド・スプリンターでもOKです。 

 

レッド・ライジング・ドラゴンからスタートして、その後はレベル2足して「レッド・デーモン」シンクロモンスターを召喚します。

 

レッド・ウルフもあるので、レベル2のリゾネーターがいればすぐにレベル8シンクロ召喚できます。レベルが合わない時は一度レベル7シンクロモンスターを経由もありです。

 

たまに、レベル7からレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトや琰魔竜 レッド・デーモン・アビスに繋ぐことがあります。

 

そこでドラゴン族・闇属性・シンクロモンスターにマッチする妖精竜 エンシェントを採用してます。

 

リゾネーターはシンクロしていくと墓地に溜まっていくので、後半戦はシンクロコール、スカーレッド・カーペットで再利用しながら次のシンクロモンスターを展開しましょう。

 

まとめ 

いかがでしたか?

 

チューナーを使い回すギミックが多いので、シンクロすればするほど次のシンクロがしやすくなるデッキです。

 

新カード「シンクロコール」も良い感じに動きますし、ファンデッキとしても十分強くなりました。