読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水霊使いエリアと秘密の部屋

遊戯王の情報やデッキ紹介を公開しています。主に遊戯王のデッキレシピ解説してます٩( 'ω' )و

【考察】連続でリンク召喚ができる!『星杯』関連カードと相性の良いカードを紹介

遊戯王 カード考察 星杯

※ 2017.04.06 更新

f:id:paychan:20170321205228j:plain

コード・オブ・ザ・デュエリストで新たに登場するカテゴリー「星杯」登場!

 

通常モンスター x リンク召喚のカテゴリーです。

 

レベルと属性と種族はバラバラで通常モンスター。リンクモンスター「星杯剣士アウラム」のテキストから「星遺物」モンスターも登場予定です。

 

今回は、「星杯」関連カードと相性の良いカードをまとめて紹介します。

 

星杯を戴く巫女

f:id:paychan:20170321205230j:plain

通常モンスター

星2/水属性/魔法使い族/攻 0/守2100

  

星杯に選ばれし者

f:id:paychan:20170321205232j:plain

通常モンスター

星3/炎属性/サイキック族/攻1600/守 0

 

・レベル3なので、M.X-セイバー インヴォーカーのエクシーズ素材に使用可能。

・レベル3・サイキック族なので、緊急テレポートでリクルート可能。

 

星杯に誘われし者

f:id:paychan:20170321205234j:plain

通常モンスター

星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0

 

・地属性・戦士族なので、M.X-セイバー インヴォーカーからリクルート可能。

 

星杯の守護竜

効果モンスター

星1/風属性/ドラゴン族/攻 400/守 400

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 

手札誘発でリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地へ送ることで発動を無効にし破壊できます。

 

さらに、墓地からこのカードを除外することで、墓地から通常モンスターを1体特殊召喚できます。

 

「星杯」モンスター限定のサポートかと思いきや、リンク状態のモンスターであれば何でも使えます。そして、墓地効果も通常モンスターであれば何でも使えます。星杯デッキでは3枚必須のモンスターになるでしょう。

 

なので、通常モンスターをメインデッキで使用するデッキでは今後使われる機会が増えてくると思います。例えば、恐竜デッキなど。

 

星杯竜イムドゥーク

リンク・効果モンスター

風属性/ドラゴン族/攻800

【LINK-1:上】

トークン以外の通常モンスター1体

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに 「星杯」モンスター1体を召喚できる。

(2):このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

「星杯」モンスターの召喚権追加と墓地に送られた時に手札から「星杯」モンスターを特殊召喚できます。

 

「星杯」通常モンスター、例えば、星杯に選ばれし者からリンク召喚し、手札から他の「星杯」通常モンスターを召喚すれば、 LINK-2のリンクモンスターを特殊召喚できます。 

 

その後、墓地に送られた時の効果で手札から「星杯」モンスターを特殊召喚すれば、LINK-3のリンク召喚が可能です。

 

手札の通常モンスターをたくさん使うので、星遺物の加護や闇の量産工場で補充しておきたいです。

 

星杯神楽イヴ

リンク・効果モンスター

水属性/魔法使い族/攻1800

【LINK-2:左/右】

種族と属性が異なるモンスター2体

(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。

(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

3つ目の効果で、フィールドから墓地へ送られた時に手札から「星杯」モンスターを特殊召喚できます。「星杯」リンクモンスターの共通効果です。

 

1つ目と2つ目の効果は、「星杯」モンスターと直接関係ないですが、星杯デッキではモンスターの展開と守りに使えます(3つ目の効果も考えて)。

 

星杯剣士アウラム

リンク・効果モンスター

炎属性/サイバース族/攻2000

【LINK-2:左下/右下】

「星杯」モンスター×2

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。

(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

レスキューラビット、予想GUYからリンク召喚できます。「星杯」の条件はありますが、比較的簡単にリンク召喚できるモンスターです。

 

「星遺物」モンスターに関してはまだわからないですが、1種類につき300アップは使いやすいです。墓地にモンスターを落とす方法はいくらでもあるので、「星遺物」モンスターの種類が増えれば簡単に攻撃力3000超えれます。

 

注目すべきは2つ目の効果です。

「星杯」モンスターのリリースが必要ですが、蘇生対象は何でも可能です。「神ッ!」も蘇生できます。例えば、他のLINK-2のリンクモンスターを蘇生すれば、LINK-4のファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚できます。

 

2+2=4のように、墓地にリンクモンスターがいれば、好きなリンク数のリンク召喚が可能です。また、サイバース族なのでサイバース族モンスター限定のリンク召喚もできます。

 

今後リンクモンスターが登場すればするほど、強くなる可能性を秘めたモンスターです。

 

星杯戦士ニンギルス

リンク・効果モンスター

地属性/戦士族/攻2500

【LINK-3:左/上/右】

リンクモンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

「星杯」リンクモンスターの中で一番攻撃力が高いモンスターです。

 

1つ目の効果は、リンク召喚時にリンク先の「星杯」モンスターの数だけドローできます。最大3枚ドローできるため、タイミングによってはリンク素材に使ったカードの枚数分ドローできます。

 

2つ目の効果が強力です。

「星杯」リンクモンスターの共通効果で墓地に送っても「星杯」モンスターを特殊召喚できますし、”破壊する”ではなく”墓地へ送る”なので破壊耐性を持ったモンスターも除去できます。

 

星遺物の加護

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

(2):自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

「星杯」専用の闇の量産工場です。墓地から「星杯」モンスターを2枚回収できます。

 

「星杯」モンスターは手札から特殊召喚することが多いので、手札に回収しておくことは重要です。

 

使用後も墓地から除外することで、リンク状態のリンクモンスターを戦闘破壊から守ることができます。「星杯」リンクモンスターは効果は強いですが、攻撃力が低いので早めに使っておきたいカードです。

 

星遺物の導き

通常罠

(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

手札または自分フィールドの「星遺物」モンスターを除外して、自分の墓地からモンスター2体を特殊召喚します。

 

罠カードですが、フィールドに2体モンスターを特殊召喚できるので強いです。特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できないので、リンク素材に使いましょう。

 

星杯の妖精リース

効果モンスター

星2/光属性/天使族/攻 100/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

 

「星杯」版エアーマンです。召喚時に「星杯」モンスターをデッキからサーチできます。さらに、手札かフィールドのモンスターと交換して墓地から手札に戻す効果もあります。

 

召喚時の効果なので、手札に戻す効果は強力です。毎ターン好きなカードをデッキからサーチできるのと同じです。そして、墓地にあったほうが便利なモンスターを送っておくことができます。

 

ただし、攻撃力が低いので、召喚時効果を発揮した後はシンクロ、エクシーズ、リンク召喚の素材に使って墓地に置いておきたいです。

 

星遺物ー『星杯』

効果モンスター

星5/闇属性/機械族/攻 0/守 0

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。 そのモンスターを墓地へ送る。

(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。

(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

1つ目の効果は、このカードをリリースしてEXデッキから特殊召喚するモンスターを墓地へ送る効果です。強いです。本当強いです。

 

無効にするわけではないので、相手のモンスターの召喚時効果の発動は許してしまいますが、必ず1体は除去できます。

 

2つ目の効果は、通常召喚したこのカードがフィールドから離れた時に、デッキからこのカード以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚します。

 

2体特殊召喚するので、そのままリンク召喚に繋げられます。問題は、このモンスターを通常召喚するタイミングがあるかどうかですね。「星杯」モンスターは効果で墓地から特殊召喚できることが多いので、リリースに必要なモンスターには困らないかもしれません。

 

3つ目の効果は、墓地から除外することで「星遺物」カードをデッキからサーチする効果です。星遺物の導きをサーチしたいですね。このカードを墓地に送るためには、星杯の妖精リースの墓地効果が使えます。

 

星遺物との邂逅

フィールド魔法

(1):フィールドの「星杯」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「星杯」モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

星杯専用のフィールド魔法です。ステータスアップと自分フィールドの「星杯」モンスターが相手による戦闘・効果破壊時に、墓地の「星杯」モンスターを特殊召喚できます。

 

「星杯」モンスターは全体的にステータスが低いので、ステータスアップは嬉しいです。さらに、「星杯」モンスターを墓地から特殊召喚できる効果も低いステータスとマッチしています。

 

1ターン目から墓地に「星杯」モンスターを送っておきたいので、星杯竜イムドゥークなどリンクモンスターをリンク召喚しておくといいですね。他にも、おろかな埋葬や苦渋の決断とも相性が良いです。

 

相性の良いカード

相性の良いカードをまとめて紹介!

 

「星杯」モンスターは通常モンスターなので、従来の通常モンスターサポートカードと相性が良いです。 

 

3体の「星杯」通常モンスターに共通しているメリットは

・攻撃力 or 守備力が0なので、おもちゃ箱から特殊召喚できる。

・レスキューラビットからリクルートしてエクシーズ召喚に使用できる。

 

おもちゃ箱

効果モンスター

星1/光属性/機械族/攻 0/守 0

このカードが破壊され墓地へ送られた場合、デッキから攻撃力または守備力が0の、カード名が異なる通常モンスター2体を表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターはシンクロ素材にできず、 次の自分のエンドフェイズ時に破壊される。「おもちゃ箱」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

 

破壊時に異なる「星杯」通常モンスターを2体を特殊召喚できます。レベルが異なるので、「星杯剣士アウラム」をリンク召喚します。

 

召喚権を使いたくないので、万能破壊出張カードのドラゴニックDを使います。手札から破壊して展開しましょう。サーチは真竜皇アグニマズドVを。

 

手札に「星杯に選ばれし者」があれば真竜皇アグニマズドVを特殊召喚できますし、なければおもちゃ箱から「星杯に選ばれし者」をリクルートして素材にして「星杯剣士アウラム」の効果で蘇生すれば真竜皇アグニマズドVを特殊召喚できます。

 

「星杯」モンスターは属性もバラけてるので、他の真竜も採用しやすいですね。

 

 

レスキューラビット

効果モンスター

星4/地属性/獣族/攻 300/守 100

「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードはデッキから特殊召喚できない。

(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

エクシーズ召喚とリンク召喚のどちらもできる万能モンスターです。「星杯剣士アウラム」や真竜皇アグニマズドV、餅カエル、M.X-セイバー インヴォーカーなどなど。

 

 

苦渋の決断

通常魔法

「苦渋の決断」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を墓地へ送り、その同名カード1枚をデッキから手札に加える。

 

「星杯剣士アウラム」と相性が良いです。蘇生対象もリリース用の「星杯」モンスターも用意できます。

 

 

予想GUY

通常魔法

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。

 

リンク召喚のサポートです。種族がバラけてるせいで、増援や緊急テレポートが使用しにくい面を解決します。

 

 

M.X-セイバー インヴォーカー

エクシーズ・効果モンスター

ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500

レベル3モンスター×2

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

「星杯に選ばれし者」からエクシーズ召喚しやすく、「星杯に誘われし者」をリクルートできます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

通常モンスターなので、おもちゃ箱や予想GUYなど今までのカードと相性が良いですね。「星遺物」との関連性が気になりますね。

 

イベント情報

4月から「星杯」のデッキ体験会が始まります。

 

※追記

日程は4月6日〜4月14日に全国のカードショップで開催します。詳しい開催店舗や日程については公式HPから確認しましょう。

開催店舗スケジュール | イベント・大会 | 遊戯王OCG デュエルモンスターズ