エリブログ!

マンガやアニメ、ゲーム、カードゲームの情報を公開します。

【遊戯王】財前 晃が使用するカード『ティンダングル』デッキレシピをわかりやすく解説

10月14日に「EXTREME FORCE」が発売します。

 

アニメで財前 晃が使用するカード「ティンダングル」が収録されます。

 

今回はその悪魔族の新カテゴリー「ティンダングル」についてまとめて紹介します。

 

 

「ティンダングル」デッキレシピ

メインデッキ:40枚

<モンスター 19枚>

3 ティンダングル・アポストル

3 ティンダングル・エンジェル

3 ティンダングル・イントルーダー

3 ティンダングル・ベース・ガードナー

3 ティンダングル・ハウンド

3 占術姫コインノーマ

1 メタモル・ポット

 

<魔法 14枚>

3 オイラーサーキット

3 ナーゲルの守護天

3 手札断殺

1 テラ・フォーミング

1 ハーピィの羽根箒

3 闇の誘惑

 

<罠 7枚>

2 ティンダングル・ドロネー

1 神の警告

1 神の宣告

3 星遺物の傀儡

 

<エクストラデッキ 15枚>

3 ティンダングル・アキュート・ケルベロス

2 サブテラーマリスの妖魔

1 コード・トーカー

1 プロキシー・ドラゴン

1 アカシック・マジシャン

1 デコード・トーカー 

1 ヴァレルロード・ドラゴン

1 虚空海竜リヴァイエール

1 鳥銃士カステル

1 No.39 希望皇ホープ

1 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

1 No.11 ビッグ・アイ

 

使い方・プレイング

 

リバース効果でモンスターを展開し、ティンダングル・アキュート・ケルベロスをリンク召喚して戦うビートダウンデッキです。

 

ティンダングル・エンジェル、ティンダングル・ハウンド、ナーゲルの守護天の3種類のカードが強いです。

 

ティンダングル・エンジェルはリバースモンスターを特殊召喚する効果を持っているので、他の「ティンダングル」モンスターを特殊召喚できます。

 

「ティンダングル」は上級モンスターが多いので、ティンダングル・エンジェルは使いやすく優秀です。

 

ティンダングル・ハウンドはアタッカーです。

 

攻撃力をアップさせながらモンスターを裏側守備表示にできるので、他のモンスターのリバース効果を再利用できます。

 

攻撃力も高いので、ナーゲルの守護天と一緒に使うと強力です。

 

ナーゲルの守護天は「ティンダングル」モンスターを戦闘と効果破壊から守る効果と戦闘ダメージを2倍にする効果を持ってます。

 

攻撃力の高いティンダングル・ハウンドとナーゲルの守護天で大ダメージを狙うコンボです。

 

f:id:paychan:20170928081223j:plain

 

リンクモンスターのティンダングル・アキュート・ケルベロスは、自分の墓地に「ティンダングル・ベース・ガードナー」を含む「ティンダングル」モンスターが3種類以上あると攻撃力が3000になります。

 

リンク先に「ティンダングル」モンスターがいれば最大で攻撃力4500になります。

 

アタッカーとして優秀ですが、オイラーサーキットで相手フィールドに送ると攻撃力0になるので戦闘ダメージを与えるサポートもできます。

 

ティンダングル・ハウンドとナーゲルの守護天、ティンダングル・アキュート・ケルベロスでコンボすると、最低でも5000ダメージを与えられます。

 

リバースモンスターが多いので、サブテラーマリスの妖魔と相性が良いです。

 

手札・デッキ・墓地から「ティンダングル」上級モンスターを特殊召喚できます。

 

 

自分のターンにリバースできる「星遺物の傀儡」

自分のターンにリバース効果を発動したいので、星遺物の傀儡を入れてます。

 

永続罠で何度も発動できるところが優秀です。

 

リバース効果でリバースモンスターを特殊召喚できる占術姫コインノーマの効果をすぐ発動できるところもシナジーがあってます。

 

 

墓地に落とすカードと相性が良い

「ティンダングル」モンスターや墓地から3体特殊召喚できるティンダングル・ドロネーなど墓地で発動できるカードが多いです。

 

そのため、おろかな埋葬やおろかな副葬、隣の芝刈りなど墓地に落とすカードと相性が良いです。

 

 

リバース効果が多いので聖占術姫タロットレイと相性が良い

儀式・効果モンスター

星9/光属性/天使族/攻2700/守1200

「聖占術の儀式」により降臨。

「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。

(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示にする。

(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

(3):自分エンドフェイズに発動できる。自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 

 

「ティンダングル」カードリスト

闇属性・悪魔族・リバースモンスターで統一されてます。上級モンスターのほうが多いです。

 

ティンダングル・アポストル

リバース・効果モンスター

星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守1600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。自分フィールドの裏側表示モンスターを3体まで選んで表側守備表示にする。この効果で表側守備表示にしたモンスターが全て「ティンダングル」モンスターだった場合、そのモンスターの数までデッキから「ティンダングル」カードを手札に加える事ができる。

 

 

ティンダングル・エンジェル

リバース・効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。自分の手札・墓地から「ティンダングル・エンジェル」以外のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。この効果が相手ターンのバトルフェイズに発動した場合、さらにそのバトルフェイズを終了する。

 

 

ティンダングル・イントルーダー

リバース・効果モンスター

星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守 0

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「ティンダングル」カード1枚を手札に加える。

(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ティンダングル」カード1枚を墓地へ送る。

(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが裏側守備表示で特殊召喚された場合に発動する。このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。

 

 

ティンダングル・ベース・ガードナー

効果モンスター

星5/闇属性/悪魔族/攻 0/守2300

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

(1):自分フィールドに裏側守備表示モンスターが存在する場合、このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。

(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手のリンクモンスターのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「ティンダングル」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 

 

ティンダングル・ハウンド

リバース・効果モンスター

星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守 0

(1):このカードがリバースした場合に、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力は対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。その後、対象モンスターを裏側守備表示にする。

(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターとリンク状態になっているモンスターの数×1000ダウンする。

(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示にする。

 

 

ティンダングル・アキュート・ケルベロス

f:id:paychan:20170928081223j:plain

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/悪魔族/攻 0

【リンクマーカー:左下/上/右下】

「ティンダングル」モンスター3体

(1):自分の墓地に「ティンダングル・ベース・ガードナー」を含む「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在する場合、このカードの攻撃力は3000アップする。

(2):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の「ティンダングル」モンスターの数×500アップする。

(3):このカードが攻撃宣言したバトルフェイズ終了時に発動できる。自分フィールドに「ティンダングルトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

 

ナーゲルの守護天

永続魔法

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のメインモンスターゾーンの「ティンダングル」モンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

(2):自分の「ティンダングル」モンスターが相手に戦闘ダメージを与える場合、1ターンに1度だけそのダメージは倍になる。

(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ナーゲルの守護天」1枚を手札に加える。

 

 

オイラーサーキット

フィールド魔法

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに「ティンダングル」モンスターが3体以上存在する場合、相手モンスターは攻撃できない。

(2):自分スタンバイフェイズに、自分フィールドの「ティンダングル」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを相手に移す。

(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「オイラーサーキット」1枚を手札に加える。

 

 

ティンダングル・ドロネー

通常罠

(1):自分の墓地に「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在し、相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。その攻撃モンスターを破壊し、EXデッキから「ティンダングル・アキュート・ケルベロス」1体を特殊召喚する。

(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ティンダングル」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

 

 

まとめ

悪魔族の新カテゴリー「ティンダングル」デッキの紹介でした。 

 

リバースモンスターが中心ですが、特殊召喚できるモンスターが多いので展開力が高いです。